餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

Garmin史上最大のトラブル発生中…。

スポンサーリンク

僕は昨日、こんなエントリーを書いた。

Garmin connectの「サインアウト→サインイン」で、チャレンジバッジがカラー化できる、という内容だ。

この記事は、昨日の早朝に書いているため、その時点では、Garmin connectは全く問題なかった。

昨日の夜明けランを終えた後の記録も、普通に取り込むことができた。

だから僕は、全く気がつかなかったのだけれど、今朝、起きてみたら大変な事態になっていることを知った。

奇しくも、そのGarmin connectに障害が発生していたのだ。

どうやら、昨日の夕方ぐらいから、緊急メンテナンスが必要な状態となり…。

それは、ひと晩明けた今朝になっても解決していないようだ。

f:id:ICHIZO:20200724073904j:plain

今朝、iPhoneのGarmin connectアプリを立ち上げてみると、このような表示になった。

英語メッセージの部分には、一部日本語も混じっており、なんだか怪しい表示になっている。事態の深刻さを感じさせる混乱ぶりだ。

アプリは、トップページこそ一応表示されるものの、それ以外のメニューは全滅で…。

f:id:ICHIZO:20200724081129j:plain

軒並みこんな状態。

「チャレンジバッジのカラー化」などという、のどかなことにこだわっている場合ではなくなっていたのだ。

トラブルの原因は、停電ともマルウェア攻撃とも言われており、定かではないが、いずれにしてもかなり深刻。

Garmin connectのみならず、Garmin.com全体に影響が及んでいるようだ。

f:id:ICHIZO:20200724074713j:plain

その結果、Garminのコールセンターにも影響し、現在は、電話・メール・オンラインチャットなど全てのサポートが停止されている。

事態が収まるまでは、個々のサポートどころではない、という状況のようだ。

まさにこれは、Garmin史上最大のトラブル、と言えるのではなかろうか。

ということで、現在、各種SNSでは、ランナーを初めとしたGarminアスリートたちの悲鳴が上がっている。

無事に復旧さえしてくれれば、Garminガジェットに取り込んだデータも、接続時に取り込まれるとは思う。

ただ、もしも、Garmin connect内にあったデータが「飛んで」しまったら…と考えると、非常に怖い。

これまで、Garminで蓄積してきた、大事な活動記録が消えてしまうことになるからだ。

Garmin Payでは、Suica対応なども始まっているから、それを使っていた人にとっては、さらに不安だろう。

なんとか無事に復旧してくれることを願うばかりだ。


マラソン・ジョギングランキングへ