餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

「Garminでスマホを探せる!」「スマホでGarminを探せる!」機能の覚書

スポンサーリンク

少し前に、ラン仲間から教えてもらった、Garminの便利機能をご紹介させていただこう。

ラン仲間が使っていたGarminはForeAthlete 945で、僕は745なので、機種は違うのだけれど、同じ操作で利用できた。

今回は、745での操作例をご紹介させていただくが、コントロールメニューを搭載したForeAthleteシリーズであれば、同じように利用できるのでないかと思う。

それは…。

《Garminでスマートフォンを探せる》という機能だ。

「Garmin使いなら、誰でも知ってるよ!」と言われるかもしれないが、僕は、その時まで気がついていなかった。

また、ちょっとしたトラップ(?)があることにも気がついたので、自分用に覚書を残しておくことにした。

 左上の「LIGHT」キーを長押しし、コントロールメニューを呼び出す。

すると…。

f:id:ICHIZO:20201206064121j:plain

このような表示になるので、左真ん中「UP」キーまたは左下「DOWN」キーを使って、《探索》(受話器に「?」マークのついたアイコン)を選択。

そこで、右上の「START-STOP」キーを押すだけ。

実にシンプルな操作なのだけれど、先日、とある理由でGarminを初期化したところ、なぜか、この操作ができなくなってしまった。

f:id:ICHIZO:20201206065101j:plain

コントロールメニューの中に《探索》アイコンが見つからなくなってしまったからだ。

僕は、ちょっと焦った。

わかってみれば、実に簡単な操作で復活させることができたのだが、僕はかなり試行錯誤したため、今後のために、ここに書き残させていただく。

まず…。

「UP」キーを長押しし、設定画面を呼び出し、「Down」キーでコントロールメニューを選択。

f:id:ICHIZO:20201206065532j:plain

ここで「START-STOP」キーを押すと、コントロールメニューに表示されている項目が表示される。

この画面で、「Down」キーを押して、下まで辿っていくと…。

f:id:ICHIZO:20201206065810j:plain

追加という項目が出てくるので、ここで、再度「START-STOP」キーを押下。

f:id:ICHIZO:20201206065919j:plain

すると、《探索》が見つかる筈なので、ここで「START-STOP」キーを押せば、コントロールメニューに追加される。

ということで…。

f:id:ICHIZO:20201206064121j:plain

このように、《探索》アイコンさえ表示されれば、あとは簡単。

それを選んで、「START-STOP」キーを押すだけだ。

さぁ、押してみよう。

f:id:ICHIZO:20201206070335j:plain

Garminの画面が、このように変わり…。

f:id:ICHIZO:20201206070407j:plain

Garminとペアリングしているスマホで、大きな音が鳴るとともに、アラートも表示される。

スマホ側がサイレントモードになっていても、しっかり音が鳴るので、安心。

Garminがあれば、「あれっ?スマホが見つからない」と思っても、すぐに探し出せる。

これは、以前使っていた920XTJではできなかった機能なので、「あぁ、745に変えてよかったなぁ」と思う。

ちなみに…この機能には、逆(裏)パターンもある。

《スマートフォンでGarminを探せる!》という機能だ。

僕の場合、Garmin745は、入浴時(=充電時)以外殆ど装着し続けているため、「Garminが見つからない!」というケースは考えにくいのだけれど、参考までにご紹介させていただこう。

スマホ側で、Garmin Connect Mobileアプリを開く。

f:id:ICHIZO:20201206073517j:plain

そのスマホとペアリングしているGarminをタップ。

f:id:ICHIZO:20201206073554j:plain

デバイスメニューが現れるので、一番下までスクロールし、「デバイスの検索」をタップ。

すると…。

f:id:ICHIZO:20201206073721j:plain

Garmin側で音が鳴り、画面も、このような表示に変わる。

僕の場合は、前述の理由から、多分今後使うことはないが、覚えておいて損はない。 


マラソン・ジョギングランキングへ