餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

「Galaxy Z Flip」は日本人向きのスマートフォン!だけど…。

スポンサーリンク

このデザインは、実に魅力的だ。

f:id:ICHIZO:20200213040053j:plain

《縦に折りたたむ》構造になっているから、閉じたときの筐体は、非常にコンパクト。

f:id:ICHIZO:20200213041019p:plain

このサイズ感ならば、スーツやシャツのポケットなどにも、すんなり収まる。

あくまで個人的な印象だけれど、《横に折りたたむ》タイプのGalaxy Foldよりも、ずっと使い勝手がいいような気がする。

f:id:ICHIZO:20200213040115j:plain

このスタイルで使うと、コンパクトミラーのようで、特に、女性には受けそうな気がする。

最近のスマートフォンは、大型化が激しく、「大きいことはいいことだ」的な風潮がはびこっているが、Galaxy Z Flipは、ひとつのアンチテーゼになるのではないか。

日本人は、欧米人と違って手のサイズが小さく、コンパクトな筐体を求めるニーズも高い。

だからこそ、iPhone SEが未だに人気になっていると思うのだけれど、そういった層にも、このスマートフォンは、「ビビッ」と響く筈だ。

もちろん、開けば(縦長とは言え)6.7インチの大画面になるので、Web閲覧などにも向く。

f:id:ICHIZO:20200213042456j:plain

Galaxy Z Flip | スマートフォン - Galaxy Mobile Japan 公式サイト

うん。いいんじゃないか。かなりいいぞ、これは。

日本では、auが今月下旬から独占販売。ということで、既に、商品案内ページもできていた。

気合の程が感じられるなぁ…と思ったのだけれど、僕は、そのスペックを眺めていたら、ちょっと悩んでしまった。

f:id:ICHIZO:20200213043331j:plain

非テレビ、非防水、非おサイフケータイ…。

Galaxyは韓国のメーカーではあるが、SシリーズやNoteシリーズでは、これらの項目をちゃんとクリアしている。

Galaxy Foldはどれも非対応ではあったが、あれはかなり《尖った》端末だから、まぁ、仕方がないと思った。

ただ、Galaxy Z Flipは、ガラケー好きだった層にも、スマホ派の層にも響く可能性を秘めており、大化けする可能性もあった。

しかし、非テレビ、非防水、非おサイフケータイでは、それも望めず、やっぱり、一部マニア向けの商品にとどまりそうな気がする。

日本円で(おそらく)15万円もするスマホなのだから、せめて、防水ぐらいは搭載して欲しかったなぁ。

個人的にはかなり気になるので、発売になったら、auショップで実機を確認してみようとは思うけれど…。


マラソン・ジョギングランキングへ