餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

あぁぁ、ディープインパクト…さよなら。どうぞ安らかに。

スポンサーリンク

大好きだった競馬をやめてから、もう、5年以上が経つ。

今の僕は、日本ダービーや有馬記念といった大レースでも、全く興味がわかないし、たとえ1円の馬券があっても買わない*1

《走る馬を見る》ことよりも、《自分が走る》ことの方が圧倒的に好きになってしまったからだ。

しかし。

どうしても今回だけは、書かずにいられない。

昨日、スマホでそのニュースを知った時、僕は、画面を見ながら、唖然とした。

えっ、まさか。嘘だろ、誰か嘘だと言ってくれ。そう、叫びたくなった。

僕にとって、それくらい、ディープインパクトと言う馬は特別だったのだ。

馬齢は、まだ17歳。

人間の年で言うと、52歳ぐらいだから、まだまだ若い。僕より若いじゃないか。

なのに、なぜ。しかも突然。どうにもこうにも切なくなる。

僕は思い出す。今から15年前の記憶を。

僕がまだ、競馬にのめりこんでいた頃。ランニングを始める前。

僕は、このブログ*2で、毎日のように競馬のことを書き綴っていた。

ディープインパクトには、デビュー当時から惚れ込んでおり、仲間内のPOG指名馬だったこともあり、全てのレースを興奮しながら見た。

ディープが出走するレースには、可能な限り、いつも出かけた。

無敗の三冠達成となった菊花賞の時には、もちろん京都遠征し、生で興奮を噛みしめた。

凱旋門賞出走の日は、後楽園ウインズで行われた、深夜のスペシャルLIVE(日本時間での発走時刻24:30!)にも参加した。

もちろん、ラストランとなる有馬記念も生観戦。

同日に行われた引退式の写真は、エントリーでも書いて残している。

ただ、僕は、良い撮影ポジションがとれなかった上に、かつ、望遠のきくカメラも持っていなかったため、ろくな写真が残せなかった。無念だ。(なにしろ、まだ、iPhoneもない時代のことだったし…。)

ディープの引退後は、競馬仲間とともに、北海道の社台スタリオンステーションにも行った。

f:id:ICHIZO:20190731010504j:plain

ディープインパクトに会えた喜び - 餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

柔和な種牡馬の顔になっていたディープインパクト。

でも、もう、そんな顔を見ることはできないのだ。永遠に。

f:id:ICHIZO:20190730133410j:plain

僕の家に、辛うじて残っていた、ディープインパクトグッズ。

僕は、競馬から足を洗って(?)以来、競馬関係のグッズを殆ど断捨離してしまっている。

しかし、これらのディープグッズは、どうしても捨てることができなかった。

そして…捨てなくて良かった、と心から思う。

よし。今度の週末は、ディープインパクトに浸りながら過ごそう。

レース映像とドキュメントに浸り…勝負服を着て走るのだ。

今にも泣き出しそうな、僕の心と身体の空白を、少しでも埋めておきたいから。

ディープインパクトよ、さよなら。どうぞ、安らかに。

*1:馬券は100円からなので、実際は、1円馬券などというものは存在しない。

*2:正確に言うと、このブログを始める前に、はてなダイアリーで書いていた「言い捨ての小部屋」という別のブログ。ただ、その時のエントリーは、全てこのブログにリダイレクトさせている。


マラソン・ジョギングランキングへ