餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

「新横浜公園」水没…1週間前のラン

スポンサーリンク

台風19号(ハギビス)の上陸後…。

新横浜在住のラン仲間が、SNSにこんな写真をアップしていた*1

f:id:ICHIZO:20191016035023j:plain

新横浜公園の「水没」写真だ。

僕は、この1週間前に、初めてこの場所で走ったばかりだったので、大いに衝撃を受けた。

写真右上の日産スタジアムを囲む、緑の多い素敵な公園が、こんな状態になってしまうなんて…僕は、大いに驚いた。

f:id:ICHIZO:20191016035041j:plain

この写真などは、まるで池みたいな状態になってしまっているではないか。

いやはや大惨事だ…と、僕は思った。

が…。

この1週間前に、自分で撮った写真を見直してみると、それは大きな誤解であることに気がついた。

f:id:ICHIZO:20191016040803j:plain

公園の案内板。

鶴見川に隣接している公園だけに、いかにも、台風が来たら危なそうに見える。

しかし、この公園は、それをもともと《折り込み済み》の場所だったのだ。

公園マップの右に掲示されていた注意事項を見ると、その理由がわかる。

f:id:ICHIZO:20191016040909j:plain

この公園は遊水池の中にあり、大雨が降ると、鶴見川の水が流入して浸水します。

なるほど、そういうことだったのか。

僕が「池みたいな状態だ」と思ったのも無理はない。そもそもこの公園は、「池の中に」存在していたのである。

遊水池とは、《洪水時の河川の流水を一時的に氾濫させる土地》のことだから、台風19号による豪雨で公園が水没するのは、もともと予期されていたことだった。

いわば公園が「盾」になって、新横浜の街を、洪水から守ってくれた、ということになる。

しかし、僕がそれに気がついたのは、今回、写真をあらためて見直した時のこと。

水没1週間前は、そんなことが起きるとはつゆしらず、新横浜公園ランを堪能した。

f:id:ICHIZO:20191016044216j:plain

道は広く、信号もなく、実に快適。 

f:id:ICHIZO:20191016050811j:plain

日産スタジアムを眺めながら走れる、というのも素敵だ。

この公園は、ランナーにとって天国といえるけれど、ランナーだけのものじゃない。

f:id:ICHIZO:20191016044306j:plain

入場料無料(!)のスケボー広場。

f:id:ICHIZO:20191016044350j:plain

ドッグラン。

この他、インラインスケート広場や、バスケットボール場、投てき場まで、さまざまな遊び場やスポーツ施設が揃っている。

そう。

この公園は、日産スタジアムとジョイントする、一台アミューズメントパークなのだ。

しかし…。

残念ながら、今はその多くが閉鎖になってしまっている。

台風19号の影響により、鶴見川の水が園内に流入した為、引き続き公園施設を閉鎖しております。※ 公園内への立入りはできません

皆様には、大変ご迷惑をお掛けしますが、ご理解ご協力の程よろしくお願いいたします。

【閉鎖にしている施設等】

◆投てき場◆日産フィールド小机◆第1レストハウス◆第2レストハウス◆第3レストハウス◆投てき場前トイレ◆草地広場(トイレ含む)◆遊具広場◆ドッグラン◆壁打ちテニスコート◆インラインスケート広場1・2◆ バスケットボール広場◆スケボー広場◆しんよこフットボールパーク(クラブハウス含む)◆ 公園1Fエリアを含む園地及び園路のすべて◆ 公園1Fエリアに設置の飲料等自動販売機◆スタジアム併設エレベーター◆第1駐車場横駐輪場

【10月15日8時30分現在】台風19号の影響に伴う園内施設等の一部閉鎖について|日産スタジアム

もちろん、走ることもできない。

公園が街を守ってくれたのだから、仕方がないことなのだけれど、でも、やはりちょっと残念だ。

f:id:ICHIZO:20191016050414j:plain

台風襲撃1週間前ランの記録。

この日はとても涼しくて、本当に気持ちよく走れたことを思い出す。

あぁ、ここでまた走りたいなぁ…。

あれだけの大雨が降ったので、復旧にはしばらく時間がかかるかもしれないけれど、回復したら、是非、また訪れてみようと思っている。

*1:友人から、ブログへの転載許可はもらっている。


マラソン・ジョギングランキングへ