餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

村上春樹「一人称単数」発売!早朝特設販売でゲットーっ!!

スポンサーリンク

今日、7月18日は、村上春樹6年ぶりの短編集「一人称単数」の発売日だ。

ということで…。

今朝僕は、降りしきる雨の中を、三省堂書店の神保町本店に向かった。

f:id:ICHIZO:20200718092823j:plain

この書店では、「一人称単数」の発売に伴い、早朝販売が実施されていることを知ったからだ。 

特設販売は、朝7:00からとなっており、僕は、7:15ぐらいに到着。

f:id:ICHIZO:20200718093234j:plain

店頭で宣伝をしていた爽やかな店員さんに、「写真を撮ってもいいですか?」と聞いたら、「OKでーす」と言って、ポーズをとってくれた。

「店内の写真も撮っていいですよー」と言われたので、心置きなく撮らせていただくことにする。

f:id:ICHIZO:20200718093634j:plain

店舗入口には、発売記念の幟が立っており、ドアにも、PRステッカーが貼ってあった。

f:id:ICHIZO:20200718094022j:plain

店内には、ドカンと巨大な「一人称単数タワー」が設置されていた。

いやぁ、これは、作るのが結構大変だったろうなぁと思う。

f:id:ICHIZO:20200718071137j:plain

タワーの周りにも、右に左に山積み状態。圧巻だ。

いったい全部で何冊あるのだろう。クイズにしたら面白いのに…と思ったw 

f:id:ICHIZO:20200718094453j:plain

新刊の発売にあわせ、「村上春樹さん 作品クロニクル」という形で、既刊書のフェアも行われていた。

f:id:ICHIZO:20200718094557j:plain

デビュー作の「風の歌を聴け」を皮切りに、大ベストセラー「ノルウェイの森」に至るまでの作品群から…。

f:id:ICHIZO:20200718095023j:plain

近作までをあまねくカバーしている。

現在は、入手困難となっているような本もあったので、今回は大きな入手チャンスと言える。

僕は、村上春樹のエッセイの大ファンで、ほぼ全部の本を読んでいるけれど、小説は、まだまだ未読のものが多いので、どれもこれも欲しくなって困った。

ただ、まずは、「一人称単数」をしっかり読んでから…と思い、グッと我慢。

これまで未購入だったエッセイ集を、1冊だけ買うにとどめた。

そして…。

f:id:ICHIZO:20200718095820j:plain

一人称単数- 2020/7/18

「一人称単数」は今、僕の手元にある。

なんとなく村上春樹っぽくない気がするのだけれど、でも、実に素敵な表紙だ。

f:id:ICHIZO:20200718100018j:plain

扉絵もなかなか洒落ている。

そう言えば、書店の店員さんは、このイラストが描かれた宣伝ボードを持っていたことを思い出す。

たぶん、これも表紙イラスト候補だったのではなかろうか。

f:id:ICHIZO:20200718100335j:plain

収録作品。

僕は、雑誌「文學界」掲載時に、いくつかの作品を読んでいるが、何となく、著者自身の自伝的要素を含んでいるような内容で、非常に興味深かった。

もちろんこれは、創作作品集なので、僕の勝手な思い込みに過ぎない。

でも、とても心地よく読んだ記憶が残っている。

今回、短編集として、まとめて読むことができるので、とても嬉しい。

この週末は、ゆったりと、村上春樹ワールドに浸ろうと思う。

一人称単数

一人称単数

  • 作者:村上 春樹
  • 発売日: 2020/07/18
  • メディア: 単行本
 

f:id:ICHIZO:20200718092634j:plain


マラソン・ジョギングランキングへ