餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

eBayで注文したガジェットが届いた!

スポンサーリンク

待ち侘びていたブツは、海を越えてやってきた。

f:id:ICHIZO:20190212040339j:plain

僕にとって、初めてのeBay利用だ。

スマートフォンの黎明期、まだiPhoneさえもなかった時代に、僕は海外からスマホを輸入しまくった。

しかし、その時でさえ、eBayは利用しなかった。

電子機器の中古品を購入する場合は、商品の《見極め》が非常に重要となる。いざ動かなくなっても、保証は全くないからだ。

しかも、eBayはオークションサービスなので、駆け引きも必要*1

僕は、日本国内のサービスであるヤフオク利用時でさえ、商品の見極めと駆け引きに失敗することが多い。

そう考えると、やっぱり、eBay利用には二の足を踏んでしまう。

注文した商品が、たとえ無事に届いたとしても、問題が発生していた場合、英語で交渉しなければならず、それが僕にとっては大きな壁となった。

ということで、当時は利用しなかったのだけれど、今回僕は、2つの理由で「初eBay」にチャレンジしてみることにした。

それは…。

  • 日本国内では、入手困難な商品であること
  • 以前より、英語が読めるようになった(気がする)こと

だ。

たとえ落札できたにしても、海外からの個人輸入となるから、不安はとても大きかった。

が、何ごともチャレンジしてみなければ始まらない。

四十…いや、五十の手習い*2に挑もう。

と、まぁ、それほど大袈裟なことではあるまいが、僕は、そう決断して、eBayのサイトに挑んだ。

入札のコツがわかっていなかったこともあり、初回は《競り負け》してしまったが、その轍を生かして、2回目のチャレンジでゲット!

その後は、意外なほどスムーズに手続きが進んだ。

流石はグローバルサービスだけあって、落札後のフォローについても実にわかりやすかった。

こういったページをよく読むと、保証についてもしっかりしている。

僕は「なんだ、eBay楽勝じゃないか」とまで思ったほどだ。

しかし、出品者からの商品発送後、追跡情報がとれなくなり、僕の心は揺れ始める。

僕は、毎日のように配送状況のステータスを眺め、変わらない状況に不安を募らせていく。

なんだかんだで、待つこと2週間。

僕の不安は、杞憂に終わった。

しばらくの間

Shipped from the Global Shipping Center to International Destination

で止まっていたステータスが、日本国内に到着したことを受け、

In Transit with Destination Carrier

に変わり、そして…。

Customs Cleared(税関通過)

となった。

やった!ついに届くぞ。

おまけに、日本の配送業者は「yamato」となっている。

ヤマト運輸ならば安心できるし、一番融通が利く。最高じゃないか。

そう思いながらワクワクしていたら、その翌日、あっという間に配送されてきた。流石ヤマトだ。

ということで、僕は、先週末に、待望のブツをゲットすることができた。休日だったので、すぐに開封して弄ぶこともできる。最高。

しかし、まだ終わりじゃない。

オークション品、そして、海外からの輸入ということを考えると、「ちゃんと起動するか」「正常に動作するか」という点が、非常に重要。

今回、eBayの出品時に掲載されていた商品写真には、起動後のものがなかったため、尚更気がかりだった。

ということで、大きな期待と若干の不安を感じながら、僕は、eBayの箱を開いた。

(以下、続く)

eBay - Buy, Sell & Save Money

eBay - Buy, Sell & Save Money

 

 

*1:固定価格で即決できるものもあるけれど、今回僕が選んだ商品は、通常のオークション方式で出品されていた。

*2:「四十の手習い」という言葉から考えると、もう遅いのかと思ったが、そもそも「四十の手習い」という言葉は誤用で、本来は、「六十の手習い」が正解らしい。なんだ、ならば僕はまだ若いw


マラソン・ジョギングランキングへ