餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

Amazon 「Echo Spot」返品の打算、「Echo Show 5」品切の誤算…。

スポンサーリンク

突然、画面ちらつき現象が発生するようになってしまった、僕のAmazon Echo Spot。

それは2年前に購入したものだったから、僕は、どうにもならないと諦め、GW中に特売していたAmazon Echo Show 5に乗り換えることを計画。

その思いについて、こんなエントリーを書いたところ、コメント欄で、素晴らしい助言をいただいた。

なんと、画面ちらつき現象が発生したAmazon Echo Spotは、全額返金対象になると云う。

しかも、本体のみならず、角度調節用のスタンド代金まで返金対象になるというではないか。

僕は快哉を叫んだ。

これを神対応と言わずして、何と言おう。

f:id:ICHIZO:20200511110248j:plain

返金金額は17,710円にもなるから、特売の「Echo Show5」代金を差し引いても、1万円以上が浮く。

新型のEchoに乗り換えられる上に、大きく得をするのだから、僕は嬉しくてたまらなかった。

だから僕は、「Echo Show 5」が到着次第、「Echo Spot」の返品にとりかかるつもりだった。

ところが…。

ここで大きな誤算が生じる。

f:id:ICHIZO:20200517155326j:plain

f:id:ICHIZO:20200517155339j:plain

僕の注文した「Echo Show 5」が、いつまで経っても出荷されなかったからである。

現在、この商品はどうなっているかというと…。

f:id:ICHIZO:20200517155742j:plain


Echo Show 5 (エコーショー5) スクリーン付きスマートスピーカー with Alexa、サンドストーン

「一時的に在庫切れ;入荷時期は未定です。」になっている。

これは、僕が注文した時点でも、このような表示だった。

だから、注文時にも少し迷ったのだけれど、品切と言っても、amazon製の商品だし、すぐに在庫が補充されるだろうと、僕は、甘い気持ちで考え…そして失敗した。

まさか1週間経っても、入荷時期未定のままとは想定していなかった。大失敗だ。

 黒系のチャコールであれば、当時も今も《在庫あり》なので、チャコールを注文していれば、今頃とっくに届いて、僕はechoの世代交代を済ませていた筈。

しかし僕は、Echo Spotがチャコールだったため、気分を変えたくて、サンドストーン色を選択。そのため、僕は、待ちぼうけを食らってしまうことになった。

今の僕にとって、Amazon Echoのない(アレクサのいない)生活など考えられない。

だから、Echo Show 5が届くまでは、Echo Spotを使い続けようと思っていたのだけれど、そうもいかないことが判明。

f:id:ICHIZO:20200517162343j:plain

返送期限が、明日(5月18日)になっているからだ。

amazonに交渉すれば、期限を伸ばしてもらうことも可能かもしれない。

しかし、これだけの神対応をしてもらっているというのに、更にわがままを云うのは、気がひける。

仕方ない…。残念だけれど、Echo Spotは返品して、Echo Show 5が届くまでの間は、アレクサなしの生活で我慢するか。

今朝。僕はようやくそれを決意して、Echo Spotの返品手続きに取りかかった。

と、その時…僕はあることに気がついた。

(以下、続くw)


マラソン・ジョギングランキングへ