餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

遂に!東野圭吾作品が、今日から電子書籍化!!

スポンサーリンク

東野圭吾は、言わずと知れた、大人気作家であり、ベストセラー作品も多数ある。

しかし、なぜかこれまでは、電子書籍の作品が存在しなかった。

本人が《紙》という媒体にこだわり続けてきたからだ。

その思いは、「ナミヤ雑貨店の奇蹟」文庫版の末尾に、こう記されていることからもわかる。

f:id:ICHIZO:20200424090410j:plain

著者は本書の自炊代行業者によるデジタル化を認めておりません。

かくも敢然と、デジタル化に反対しつづけてきた作家なのである。

しかし…。

新型コロナウィルス発生に伴う外出自粛の趨勢が、そんな著者の心を動かした。

外出ができず、自宅で過ごすことが多くなった若者に向けて、「たまには読書でも楽しんで」という気持ちをこめて、電子書籍化が実現されることになったようだ。

<東野圭吾氏のコメント>
外に出たい若者たちよ、もうしばらくご辛抱を!
たまには読書でもいかがですか。新しい世界が開けるかもしれません。
保証はできませんが。

なんとも嬉しいコメントではないか。

ただ、作品の電子書籍化は、『最初で最後かもれない』とも言われている。

読書の楽しさを知ったあとには、町の書店で紙の本を買ってほしいというのが、著者の願いらしい。

ということで、今回の電子書籍化は特例ということになりそうだが、それでも、大きなニュースであることは間違いない。

今日、4月24日から解禁ということで、amazonでは特集ページまで組まれている。

 f:id:ICHIZO:20200424081040j:plain

f:id:ICHIZO:20200424081223j:plain

待望のKindle化~東野圭吾 電子化タイトル一覧

「待望のkindle化」と書いてあるが、kindleだけの対応ではない。

楽天のkoboやhontoなどでも、一斉に電子書籍の配信がスタートしている。

すでに文庫になっている作品のうち、7出版社で各1冊づつ、7作品のみの電子化なので、正直、点数的には寂しい。

しかし、ラインナップは粒ぞろいだ。

7作すべてが、「映画、またはドラマ化された映像化作品」かつ「累計100万部を突破している作品」であり、合計発行部数は、なんと1,288万部!とのこと。

僕は、以前に一通り読んでいるけれど、実家に残したままの本が多いため、電子書籍版で、もう1度読み直してみようかと思う。

とりわけ「白夜行」*1は、文庫本が超分厚くて(854ページ!もある)扱いにくいため、電子書籍という媒体に向く。

Kindleならば、いつでもどこでも、さまざまな電子機器で読めるから、オススメだ。

白夜行 (集英社文庫)

白夜行 (集英社文庫)

  • 作者:東野 圭吾
  • 発売日: 2002/05/25
  • メディア: 文庫
 

*1:僕個人としては、東野圭吾作品ベスト1。超、大傑作!


マラソン・ジョギングランキングへ