餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

ドルツジェットウォッシャーのここが好き!

スポンサーリンク

たまには、はてなのお題キャンペーンに乗ってみよう。

特別お題キャンペーン #はてなブログ歯みがき週間 「ドルツのここが好き」

バナー
Sponsored by Panasonic

キャンペーンのバナーリンクは、電動歯ブラシの紹介ページに貼られている。

しかし、同じ《ドルツ》ファミリーなのだから、これもアリだと勝手に決めた。

f:id:ICHIZO:20190316205530j:plain 

ドルツジェットウォッシャー。

使い始めて、もう10年以上が経つ、僕のお気に入りの電子機器だ。

電子機器じゃないだろっ!というツッコミが入りそうだけれど、めちゃめちゃ広い意味で解釈すれば、そう言っても構わないと誰かが言っていた。(誰なのかはわからないw)

僕はホントにこれを気に入っていて、いつか紹介しようと思っていた。

だから、今日、書くことができて本当に嬉しい。

ドルツウォッシャーという画期的な商品に、僕が最初に出会ったのは、11年前のことだった。

amazonで購入したため、その時の記録は今でも残っている。

f:id:ICHIZO:20190316200144j:plain

パナソニック ドルツ ジェットウォッシャー 白 EW1250-W

旧モデルなのに、なんと、今でもまだ販売していることに驚いた。

しかも、僕が購入した時の価格より高い。

僕が購入した時の価格は9,279円だったのだけれど、今は14,000円もする。新モデルよりも圧倒的に高いのだ。

それでは需要なんてないだろうと思うが、強ち、そうとも言えない理由がある。

その理由については後述させていただくが、本当に、あの時、これを買って良かったなぁ…と思う。

当時僕は、歯磨き関連商品に1万円かけるのはなぁ…と、少し悩んだ。
しかし、その頃愛読していた、トレンドマガジンの「DIME」で絶賛されていたため、信じて購入。

いやぁ、買って良かった!

とにかく激しいジェット水流が魅力で、その刺激を初めて受けた時の記憶は忘れられない。

最初のうちは慣れなくて、壁や鏡などが水浸しになってしまったけれど、水流をうまく歯に当てることができるようになってからは、実に快感。

歯の間に詰まった食べカスなどが、驚くほど見事に、簡単に、弾き出されていく。

それは、これまで僕が味わったことのない爽快感だった。

「あぁ、もっと早く、これに出会いたかったなぁ…。」と思ったほどだ。

ということで、毎日こよなく愛用していたが、7年ぐらい使い続けていたため、流石にガタがきた。

水流が悪くなり、ホースの途中で水漏れも発生するようになってしまったため…。

f:id:ICHIZO:20190316202124j:plain

パナソニック 口腔洗浄器 ジェットウォッシャー ドルツ 白 EW-DJ61-W

4年前。新モデルを購入。

しかし、僕は「あれっ?」と思った。旧モデルよりも、明らかに水流が弱くなっているのだ。

旧モデルが故障寸前状態だったころの水流と比べても、見劣りする印象で、僕はちょっと拍子抜けしてしまった。

旧モデルの強い水流に、クレームでもあって、《歯に優しい》仕様に変わってしまったのだろうか?

まぁ、ただ、僕は、次第に慣れた。

MAXで使えば、ある程度激しい水流は出るし、ジェット水流モードとバブル水流モード*1が選べるようになったのもいい。

丸3年以上毎日使っているが、未だにヘタれることなく、活躍してくれているのは、流石パナソニック製品だ。

このタイプの商品は、今や各社から発売されているけれど、日本では、このドルツジェットウォッシャーが、間違いなく先駆。

新モデルになってから、明らかに水流が弱くなってしまったのが残念なのだけれど、改良された部分も多々あるので、今選ぶなら、やはり新型だろう。

単に刺激だけを求めるならば、値上がりしている旧型や、他社製を選ぶという選択肢もあるかもしれない。

ただ、長く安心して歯をケアしたいならば、やはり《ドルツ》ブランドの最新バージョンを買うのがオススメだ。

と、書いて終わりにしようと思ったら…。

パナソニック 口腔洗浄器 ジェットウォッシャー ドルツ 白 EW-DJ71-W

パナソニック 口腔洗浄器 ジェットウォッシャー ドルツ 白 EW-DJ71-W

 

さらに新しいモデルが発売されていることに気がついたw

でも、D61Jとはちょっと違うスタイルのようだし、D61Jも未だに現役モデルとして発売されているので、好みの問題という気がする。 

*1:微細な気泡と水流をミックスしたやわらかい水流


マラソン・ジョギングランキングへ