餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

いわて北上マラソン、2年連続中止…。

スポンサーリンク

新たなスタートへ!

f:id:ICHIZO:20191011035409p:plain

それが、「いわき北上マラソン2019」のキャッチコピーだった。

去年、台風25号の接近で中止になっているレースだから、「今年こそは!」という運営側の気持ちが伝わってくる。

僕も、思い出深いこのレースで、新たなスタートを切るつもりだった。

北海道マラソン断念に至った座骨周りの痛みも殆ど消え、練習も自分なりには続けてきた。

f:id:ICHIZO:20191011043959j:plain

先週、ナンバーカードが届いてからは、久しぶりにレースを走れる喜びで、気持ちが高ぶってきた。

昨日の朝も、出社前に荒川まで出かけて、河川敷を走ったほどだ。

f:id:ICHIZO:20191011040606j:plain

最終調整完了。

とっても気持ちよく走れたし、ビルドアップで4分半ばまでペースも上げられたので、本番でも、それなりには走りきれると思った。

しかし…。泣く子と台風19号には勝てない…。

f:id:ICHIZO:20191011040205j:plain
【重要】北上マラソン大会の中止につきまして | 2019いわて北上マラソン大会【公式】

昨日の夕方、早々にレースの中止が決定した。

僕はとっても悲しくなったが、でも、仕方がない。

なにより一番悲しいのは、運営側の人たちだろう。昨年中止となった分、新たなスタートを切るために、1年間準備し続けてきた筈で、何とか開催したかったに違いない。

大会の《メンツ》を重んじるなら、もう少し決断を遅らせて、ギリギリまで開催を強行しようと考えただろう。

しかし、早い時期での決断は、大会のメンツより、参加者やスタッフの安全を、十分に考えたものだと思う。

決断の時期を無理矢理引っ張ると、さまざまなリスクが考えられ、最終的に中止となってしまったときのダメージが、ハンパじゃない。英断に感謝だ。

そもそも…。

今回の台風19号は、気象庁が水曜日に記者会見までして、注意を呼びかけるほどのもの。

会見後も、その勢力は衰えることなく、東日本直撃は確実。

f:id:ICHIZO:20191011042603j:plain

こんな状況であり、停電の恐れだって十分あるというのに、マラソン大会など、実施できるわけがない。

だからもう、僕も気持ちを切り替えた。さぁ、次の目標レースに向けて、頑張ろう。


マラソン・ジョギングランキングへ