餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

そんなに悪くない、Unihertz Atomのカメラ

スポンサーリンク

先日の大阪行では、Unihertz Atomのカメラが大いに役に立った。

ただ、昨日のエントリーだけだと、どうにもディスっているようにしか思えないので、フォローが必要。

Unihertz Atomのカメラは、「走りながら撮る」には向いていない、というだけで、それ以外の日常的スナップに関しては、便利だと思うことの方が多かったからだ。

ということで、Unihertz Atomの汚名を晴らすために、今日のエントリーを書き残しておくことにした。

以下、便利だと思うことを、つらつらと書き残しておく。

なんと言っても素晴らしいのは、その携帯性。

僕のメイン端末であるiPhone SEも、コンパクトで便利だけれどUnihertz Atomの携帯性はそれを上回る。

f:id:ICHIZO:20181122044642j:plain

以前のエントリーでも書いたが、iPhone SEよりも二回りぐらい小さいからだ。

しかも、防水防塵の最高等級「IP68」を有しているタフガイなので、ケースなどを装着する必要もない。

どんなポケットにも気軽に突っ込んでおけるし、手荒に扱っても大丈夫。僕は、時々、持ち歩いていることを忘れてしまうほど。

撮影は、非常に簡単。

電源ボタンの2度押しで、すぐにカメラが立ち上がるし、ボリュームボタンでシャッターが切れる。

撮影するだけなら指紋認証もいらないので、シャッターチャンスを逃さずに済む。実に便利だ。

ということで、大阪マラソンの打ち上げでも、大活躍。

f:id:ICHIZO:20181219041220j:plain

餃子の写真だって取り逃さないw

画質は微妙なレベルだけれど、僕はそこまでこだわっていないし、ブログ用としては、これで問題ないと思っている。

大阪マラソンの翌日。

僕は、Atomとともに、夜明けからのランに繰り出した。

f:id:ICHIZO:20181219042957j:plain

前日に駆け抜けた、御堂筋の情景。

暗所はそれほど強くないようで、ちょっとぼやけた写真になってしまっている。

ちなみに、同じ場所で撮ったiPhone SEの写真は…。

f:id:ICHIZO:20181219043807j:plain

うーん、断然違うw

iPhone SEのカメラも、暗所に強いとは思えないのに、それでも圧倒的な差。

この写真比較だけで見ると、Atomはちょっとダメなんじゃないかと思うが、明るくなってくると、それなりに頑張ってくれる。

夜明けの御堂筋で比べてみると…。

f:id:ICHIZO:20181219043205j:plain

Atomで撮影。

f:id:ICHIZO:20181219043205j:plain

iPhone SEで撮影。

やっぱりiPhone SEの方が鮮明ではあるけれど、あえて比較しなければ、まぁ、Atomの写真でも、僕の許容範囲だ。

この日僕は、レースの追憶に浸るべく、大阪城公園まで足を伸ばした。 

そこでも、Atomで、沢山の写真を撮影したので、以下は、そんな朝の大阪城公園スナップを掲載させていただく。

f:id:ICHIZO:20181219045826j:plain

f:id:ICHIZO:20181219045842j:plain

f:id:ICHIZO:20181219045908j:plain

f:id:ICHIZO:20181219045925j:plain

f:id:ICHIZO:20181219045940j:plain

うん。悪くないじゃないか。なかなかいいぞ。

少なくとも、僕のブログに載せるぐらいの写真としては必要十分。

前述したように、「走りながら撮る」には向いていないが、ランのお供として携帯し、「ビビっときたら止まって撮る」カメラとしては、とても便利。

しかもこれは、単なるカメラじゃなくて、Android端末でもあるから、撮った直後にSNS送信ができるし、加工だって自由自在なのだ。

天候不問ゆえに、どんな大雨の日だって使うことができるのも大きなメリット。

まぁ、そんな日に写真を撮りながら走るのか?と言われると、ちょっと疑問なのだけれど(^^;


マラソン・ジョギングランキングへ