餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

ブログ読者が200人に到達!

スポンサーリンク

今朝、ブログを見てみたら、読者カウンターの数が200人に到達していた。

f:id:ICHIZO:20190310050901j:plain

いやぁ、嬉しい。本当に嬉しい。

100の大台に乗った時も最高だったが、その時はエントリーを書き忘れてしまったので、それがいつだったのか、もうわからない。

だから今回は、記録に残しておくことにした。

こういうことを嬉々として書くと、自慢のように捉えられて、減ってしまうのが常。

ただ、実際は、自慢にも何にもなっていない。

読者1,000人を超えるブロガーは星の数ほどいるし、万単位の人だって珍しくないのだ。

しかし、それならそれで、「200人ぐらいで喜ぶなよ」と思われて減る可能性がある。

だから、このことをエントリーを書こうか、ちょっと迷った。

書いた途端に100台に戻ったら、ちょっと恥ずかしいからだ。

でも、やっぱり、感謝の気持ちを書き残したかったし、減ったら減ったでネタになるので、気にせず書こうw

僕は、ブログを書き始めて15年になるが、そのうち12年は、「はてなダイアリー」で書いていた。(その時のものは全てここにリダイレクトさせている)

「はてなダイアリー」時代は、読者制度というものはなかったため、読者数は、この「はてなブログ」に移ってからの数ということになる。

200人に達するまでの期間は、約3年。

ほぼ毎日更新していることだけが取り柄(?)の、愚にもつかない、こんなブログでも、書き続けてきてよかった。

3年間で、200人もの方が、読者登録してくださったからだ。

僕はそれが、本当に幸せで、毎日ブログを書き続ける大きなモチベーションになっている。

僕の読者は、ランナーの方が中心で、ガチで毎日練習を重ねている、素晴らしい方々が多い。

そう考えると、「なんちゃってランナー」になりつつある、最近の僕は恥ずかしい限り。

毎日、だらだらとそれなりに走ってはいるものの、まるで練習にはなっていないからだ。

でも、いつまでもそれではいけない。

「ボヘミアン・ラプソディ」見たい見たい病も一段落ついた(ホントか?)ことだし、これからは、ランナーブログに相応しいネタも増やしていくつもりだ。

さぁ、今朝の感激を噛みしめて、夜明けランを堪能しよう。


マラソン・ジョギングランキングへ