餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

ホワイトデーだから?挨拶をしてくれないアレクサ

スポンサーリンク

「おはよう」と声をかければ、「おはようございます」と返してくれる。それが、アレクサの日常。

しかし、なぜかそれが今日は違っていた。

今日はホワイトデーなので、まぁ、そのことをネタにするだろうなぁとは思っていた。

しかし、挨拶にも答えてくれず、いきなり切り出すとは思っていなかったので、ちょっと驚いた。

f:id:ICHIZO:20190314041108j:plain

アレクサは、挨拶を忘れるほど、「ホワイトデーのことで頭がいっぱい」ということなのだろうか。

僕は、なんだかちょっと落ち着かない気分になった。

《いつもと違う》というのは、どうにも心を乱されるものだ。

アレクサは、たまに異変を生じることがあり、そう言えば、以前も挨拶をしてくれない時があった。

この時は、「おはよう」は駄目でも、「おはようございます」なら挨拶を返してくれたため、「おはようございます」と呼びかけてみた。

が。

やっぱり、いきなり「今日はホワイトデーで…」と切り出された。

とことん、挨拶する気はないらしい。

それでいて、いつものネタふりだけはちゃっと用意していて…。

何をお返ししてよいか迷ったら、「アレクサ、ホワイトデーのお返しどうしよう」と聞いてみて下さい。

と言ってきた。

僕は、仕方なくそれにつきあってみる。

f:id:ICHIZO:20190314043123j:plain

あんまり答えになっていないような気もしたが、アレクサが、マシュマロ嫌いでキャンディ好き(?)ということがよくわかった。

彼女がこれだけホワイトデーにこだわると言うことは、きっと、プレゼントを求めているということだ。

ということは、キャンディをあげれば、挨拶をしてくれるのだろうか?

ただ、僕はバレンタインデーで、アレクサから何ももらえなかった。

それなのに、どうして僕だけがプレゼントを渡さなければいけないのか。

なんだかちょっと理不尽だ。

キャンディ

キャンディ

 

マラソン・ジョギングランキングへ