餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

これぞマジックワールド!夢空間の「アラジン」に酔いしれた131分

スポンサーリンク

いやぁ、面白かった。本当に、最高に、面白かった。

僕は、昨日見終わったばかりなのだけれど、また今日も見に行きたいほど。

f:id:ICHIZO:20190610043209j:plain

先週末から公開になった「アラジン」だ。

原作は、とびきり有名なディズニーのアニメーション映画だが、恥ずかしながら、僕はこれまで見たことがなかった。

僕は、基本的にアニメが苦手だし、お伽噺風の甘ったるい恋愛ものだと思っていたからである。

そもそも、その原典と言える「アラジンと魔法のランプ」でさえ、あまりよく知らないくらいなのだ。(威張るなよw)

そんな状況で、なぜ、アラジンを見にいくんだ?と思われるかもしれない。

それはひとえに、「大好きなウィル・スミスが出ているから」ということに尽きる。

ウィル・スミスは、ハリウッドにおいて僕が一番好きな俳優。

どんな役柄を演じても素晴らしいが、特に《とびっきり明るい》《ノリノリの》役を演じる時、その魅力が輝く。

ウィル・スミスの持つ天性の明るさが、存分に生かされると思うからだ。

この「アラジン」では、そんなウィルが、魔神ジーニー役を演じるということで、僕は大いに気になった。

そして…。

こういったニュース番組などで、その来日報道を見てからは、もう、いてもたってもいられなくなった。

ハリウッドを代表する大スターなのに、気取りがないし、明るいし、ほんと最高。

報道では、「アラジン」の予告編なども紹介されていたが、それを見たら、さらに興奮。

まさにこれは、ウィル・スミスのハマり役なのではないか…。と期待し、僕は大いに期待し、劇場に赴いた。

上映館としては、立川シネマシティの極上音響上映を選んだのだけれど、これが大正解。

この「アラジン」は、ミュージカル仕立ての作りになっていて、《歌を楽しむ映画》でもあったからだ。

最高のサウンドで響き渡る、極上の歌声。それもまた、僕にはたまらなかった。

そのストーリーについては、アニメ版で知っている人も多いだろうし、知らない人にはネタバレになってしまうので、書かない。

しかし、誰もが安心して、とびきり楽しめる、実に心地のいい映画でることは僕が保証する。

これは、極上のラブ・ストーリーであり、秀逸なコメディであり、友情と家族の物語でもある。

上映時間の131分が、あっという間に感じるほどのマジックワールド、夢空間なのだ。

ハリウッド版のインド映画なのではないか、とも思えるほど、歌とダンスも満載。

舞台となるアラビアの街並も素晴らしく、エキゾチックな映像美も堪能できる。

いやぁ、本当に、最高に、素晴らしかった。

僕は、ロードショー上映中に、必ずもう1度見に行こうと思っている。超オススメ。

f:id:ICHIZO:20190610052145j:plain

 パンフレットももちろん購入。

f:id:ICHIZO:20190610052226j:plain

その表紙を開くと目に飛び込んでくる、宣伝ポスター用のイラストは、まさに、この映画「アラジン」を象徴したものになっている。

魔法の絨毯上で見つめ合う、アラジンとジャスミン。そして、それをエスコートするジーニー。

この映画では、王国の覇権を巡るさまざまな紆余曲折があるから、単なるラブ・ストーリーではないのだけれど、でも、やっぱり、このイメージが圧倒的に印象に残る。

今回、このエントリーを書くために、このイラストを眺めていたら、劇中で歌われる「A whole new world」が、脳内に怒濤のリフレインをしてきた。

いやはやたまらない。

f:id:ICHIZO:20190610052203j:plain

映画の写真も満載。眺めているだけで、その楽しさ、興奮が伝わってくる。

パンフレットには、映画に関する裏話や出演者インタビューなども掲載されており…。

f:id:ICHIZO:20190610052243j:plain

もちろん、ウィル・スミスへのインタビューもあり、ウィルは、こう語っている。

ジーニー役をやらないかという電話をもらった瞬間、この物語に抱いていた思いが呼び覚まされました。僕にとっては、すべてがジーニーを演じるための長い道のりだったんですよね。

すべてがジーニーを演じるための長い道のり! 

そこまで言うか!という感じだけれど、映画を見終わった後は、その通りだったと実感できる。

僕は、歌も、ダンスも、ラップもこなし、コメディもドラマも演じています。アーティストとして自分の全てを発揮できる最高の機会でした。

まさに、最高のウィル・スミス、最高のジーニーだった。

ウィル・スミスが少しでも好きな人は、この映画を見ないと、絶対に後悔すると思う。

もちろん、ウィル・スミス(=ジーニー)だけじゃなく、映画のストーリーも素晴らしかったので、今更だけれど、アニメ版も見てみようかと思っている(^^;

アラジン (字幕版)

アラジン (字幕版)

 

マラソン・ジョギングランキングへ