餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

新作の「アラジン」サントラが、特典つきで聴ける!~Amazon music unlimitedはやっぱり最高♪

スポンサーリンク

鑑賞から二晩経った今でも、「アラジン」の余韻が醒めない。

その素晴らしさについては、昨日のエントリーでたっぷり書いたのだけれど、書き加えておきたいことがある。

音楽映画としての素晴らしさだ。

個人的には、「ラ・ラ・ランド」や「グレイテスト・ショーマン」に近い印象を受けた。

ミュージカル仕立ての音楽たちが、実に自然に、物語の中にしっくり溶け込んでいるからである。

映画を見終わった日の夜。

自宅までの電車に揺られ、脳内で劇中歌がリフレインしてきた時、僕は、ハタと気がついた。

「あぁ、劇場でサントラ盤を買っておけばよかった!」と、思ったのだ。

そうすれば、帰宅後すぐに聴くことができたのに、と。

帰宅後、僕は、自分の迂闊さを嘆きながら、とりあえずネットで注文しておくか…と思った。

ということで、amazonを確認してみると、こんなバナーが、僕の目に飛び込んで来た。

f:id:ICHIZO:20190611035143p:plain

早速確認してみると、なんと、《聴き放題》配信されているではないか。

CDは、今月6日に発売されたばかりだというのに。凄い。

僕は、劇場でサントラ盤を購入し忘れた自分の迂闊さに感謝した。

Amazon music unlimitedの聴き放題ラインナップに入っているのであれば、ディスク代がかからない上に、断然快適。

PCにCDをセットしたり、インストールしたりする手間がかからないからだ。

f:id:ICHIZO:20190611040126j:plain

僕はすぐにiPhoneにダウンロード。

PCだって、スマホだって、聴きたい放題。

f:id:ICHIZO:20190611040156j:plain

アレクサに頼めば、すぐにこうやって流してくれる。

いやぁ、本当にいい時代になったと思う。

Amazon music unlimitedには、こんな特典もある。

f:id:ICHIZO:20190611042026j:plain

SIDE by SIDE。

これは、プレイリストの曲の前に、アーティスト本人から、楽曲に関するエピソードや、曲に対する思いなどが語られるものだ。

f:id:ICHIZO:20190611042542j:plain

例えば、こんな感じ。

国内外の著名なアーチストが肉声で語ってくれるのだから、いやはやたまらない。これは、Amazon music unlimitedならではの、素晴らしい特典だと思う。

そんな特典が、なんと、発売されたばかりの「アラジン」にもついていた。

f:id:ICHIZO:20190611043615j:plain

「アラジン」吹替版で、ジーニーの声を担当している、山寺宏一によるSIDE by SIDEだ。

なんだ、ウィル・スミスじゃないのかぁ…と、最初は残念に感じた。

しかし、まぁ、英語で話されると、僕には理解しきれない可能性も高いので、これでいいのかもしれないと考え直した。

山寺宏一は、それぞれの歌が流れるシーンの状況などを、コメントで丁寧に説明してくれるため、僕は、映画の感動が甦ってくる気がした。

ただ、このSIDE by SIDEでは、紹介後に流れる曲が、吹替版のものとなってしまうのが難点。

僕は、最初それと知らずに聴き始め、歌声に呆然としてしまっため、その後は、コメントだけ聴いて、曲の部分は飛ばすことにしたw*1

いずれにしても、発売直後のサントラ盤がすぐに聴けて、さらに、こんな《特典》まで用意してくれるのは、感動のひとこと。

あぁ、本当に、Amazon music unlimitedに入っていて良かった。

初回は、30日間の無料体験もできるので、未入会の人は、是非、この素晴らしさを試してみて欲しいと、心から思う。

*1:山寺宏一が歌うジーニーの曲はともかく、アラジン役の歌声が、僕にはどうにも耐えがたく…。


マラソン・ジョギングランキングへ