餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

道マラまでの「ラスト1km」で、僕を襲った激痛

スポンサーリンク

木曜日までは、何の問題もなかった。

いや。

正確に書くと、そうではない。先週ぐらいから、左の座骨に違和感を覚えてはいた。

しかし、いざ走ってみると気にならないレベルだったから、北海道マラソンに向けて、僕は淡々と直前練習をこなしていた。

このブログでの練習報告は、1週前のビルドアップランが最後。

しかし、この後も、僕は淡々と、岩本先生の練習帳メニューをこなし続けた。

月曜はオフ(これも練習帳の指示通り)、火曜は45分ジョグ。

そして、今週最大の山場だった、水曜の10km調整ラン。

「ジョグ→レースペース5Km→ジョグ」が、岩本先生の指示。

僕は、先週の10kmタイムトライアルと同様、夜明けの城北中央公園に赴いて…。

f:id:ICHIZO:20190824042753j:plain

園内のグラウンドを、ぐるぐると25周。

最後のジョグ部分は結構バテたけれど、でも、何とか走り抜けて、清々しい朝焼けに癒やされた。

その後、木曜日のジョグ(30分)も予定通りこなして、残るメニューはただひとつ。

金曜日。「ジョグ10分からの1kmダッシュ」だけだ。

特に、ラスト200mを猛ダッシュする設定で、岩本先生曰く、それができれば「レースの入りが楽に感じる」とのこと。

僕は、勝負レースの2日前になると、必ずこれを実践していた。

例えば、かすみがうらマラソンの2日前。

f:id:ICHIZO:20190824050824j:plain

僕は、ラスト1kmを4分10秒程度で走った。

快速ランナーの方々には笑われるかもしれないが、僕にとっては《超ダッシュ》と言えるレベル。

これをしっかりこなせたことで、今年のかすみがうらでは、久しぶりにサブ4に復帰できたと思っている。 

ということで、昨日の朝。僕は、夜明けの街に繰り出した。

座骨の部分には、やはり何となく違和感を感じていたが、走っているうちに慣れるのが常だったので、昨日も大丈夫だと思っていた。

走り始めは、なんとなく身体全体が重くて、いつも以上にスピードが乗らない状態。

しかし、昨日の練習において、ジョグはあくまで繋ぎ。

あくまで《最後の1km》だけが勝負なので、僕は、そこだけは頑張ろうと気合を入れた。

そして。

ラスト1kmになった時、僕は、脳内のスイッチを全力疾走に切り替えた。

苦しいけれど、たった1km。道マラに繋がる道。僕は、気力を振り絞って走った。

と。

その時、僕の身体に激痛が走った。

「ピキッ」という音が、僕の脳内に響いた気がした。

左の座骨部分が、猛烈に痛んだのである。

しかし、僕は、止まらなかった。大事な大事な、全力疾走モードの練習を無駄にしたくなかったのだ。

今から思えば、馬鹿すぎる判断だったと思うけれど、この時の僕は、冷静さを失っていた。

どうにもこうにもスピードが上がらず、痛みと闘いながらのフィニッシュ。 

f:id:ICHIZO:20190824050840j:plain

ラスト1kmは、4分51秒。

かすみがうら前の練習より40秒も遅い。途中「ガクッ」となってからは、痛みと闘い続けながら走ったため、これが限界だった。

そして。

僕にとって、非常に大きな問題が、この練習後に発生した。

左の座骨部分の痛みが増し、走るどころか、歩いていても痛い、というような状態になってしまったからだ。

昨日は、出勤するのも一苦労。

日中は、椅子に座っていても痛みは増すばかりで、おまけに、ふくらはぎの痺れまで感じてきた。

僕は、仕事をしながら、泣きたくなった。

今月は、ただひたすら、北海道マラソン出場を楽しみに、ヘビーな仕事を乗り越えてきたというのに、まさか、こんなことになるなんて、あんまりだ。

今回の症状は、明らかに、かつて苦しみまくった座骨神経痛の再発。

思えばあれは、2年前の道マラ時に発生したものだった。

あの時は、レースは何とか走れたものの、その無理が祟って、以降6ヶ月間も苦しみ続けた。

その轍を踏むわけにはいかないし、そもそも今は、100mだって走れる気がしない。

だから…。

僕は、北海道マラソンへの出走を諦めた。

道マラは、これまで8年連続で出場し、アフターも含めて、本当に楽しみにしていたレース。

だから、どうにもこうにも切なくて、泣きたくなる。

しかし、どんなに嘆いたってこの痛みは消えない。

焦らずに、しっかりと治して、次の目標を目指そうと思う。


マラソン・ジョギングランキングへ