餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

池袋駅から徒歩1分の「友誼商店」で、中国旅行を疑似体験♪

スポンサーリンク

池袋駅北口を出て、徒歩1分。

正確に言うと、30秒もかからないだろう。

f:id:ICHIZO:20210909213142j:plain

駅からわずか数十歩の雑居ビル4Fに、その店は存在している。

エレベーターを出ると、そこはもう中国だった。

f:id:ICHIZO:20210909214114j:plain

f:id:ICHIZO:20210909213425j:plain

貼り紙の文字は、中国語だらけ。

f:id:ICHIZO:20210909213550j:plain

店に入ると、そこには、中国の食品が、所狭しと並んでいた。

聞こえる言葉は中国語ばかり。

僕は、それだけでなんだかワクワクしてしまった。

まるで、中国に旅行しているような気分になったからだ。

中華気分を味わいたいなら、中華街に行けばいいじゃないかと思われるかもしれないが、それはちょっと違う。

中華街は、日本人の方が圧倒的に多いし、観光地になってしまっているから、《本場》の空気は味わえない。

しかしこの店は、もう、その空気感が圧倒的に中国だった。

今はまだ、海外旅行に行こうとしても、なかなか行けない状況になっているから、こういう店の存在はなんだか嬉しい。

店内の品揃えは、実に豊富だ。

中国の食材が大量に揃っているのは言うまでもないが、インスタント食品などもある。

f:id:ICHIZO:20210909222211j:plain

特に麺類は充実のひとことだ。

f:id:ICHIZO:20210909222236j:plain

飲料も多種多彩。

f:id:ICHIZO:20210909222548j:plain

台湾ビールなども販売しており、飛ぶように売れていた。

f:id:ICHIZO:20210909222313j:plain

生鮮食品もあるし…。

f:id:ICHIZO:20210909222335j:plain

生きた魚も販売している。このあたりは、中国的だなぁと思う。

f:id:ICHIZO:20210909222701j:plain

お菓子類もいろいろ。

そして、もちろん…。

f:id:ICHIZO:20210909222741j:plain

餃子だって沢山あった。

中国では、基本的に水餃子が主食なので、それらの種類が大量に並んでいたが…。

f:id:ICHIZO:20210909223002j:plain

焼餃子タイプの棒餃子も陳列されていた。

50個程度入ったものが、500円~700円程度で販売されていたので、価格もかなりリーズナブル。

いずれまとめて買い出しに来ようと思った。

店のムードは完全に中国なのだが、もちろん日本円で購入できるし、SuicaやPayPayなども利用可能だった。

f:id:ICHIZO:20210909223452j:plain

店の一角には、「友誼食府」というフードコートがあり、これがまた魅力的だった。

そもそも僕は、このフードコート目的で訪問したのだ。

「友誼商店」で、すっかり中国気分に浸った僕は、いざ、本場の食も堪能しようと、フードコートに入った。

(以下続く。)


マラソン・ジョギングランキングへ