餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

ゴミたちはどう着るか

スポンサーリンク

今日の東京地方は、夜明け前から雨が降っていた。

こういった天気の日に、街なかを走る場合、僕がいつも気になっているのは、装備の問題。

ランナーによって、いろんな考え方があると思うのだけれど、概ね、以下のパターンに分かれると思う。

(1)いつも通りの服装で走る

(2)レインコートを着て走る

(3)簡易なビニールをまとって走る

僕が観察している中で、意外にも一番多いのが、(1)の「いつも通りの服装で走る」パターン。

こういった人たちは、きっと…。

「雨の中を走るんやから、濡れてこそナンボやんけ!」

という、勇者の方たちなのだろう。(なんで関西弁^^;)

この時期の雨は、濡れると気持ちがいいから、その気持ちもわかるのだけれど、僕の場合、それが出来ない理由がある。

ランニングの際、僕のお供となるiPhone SEは、非防水スマホなので、ずぶ濡れになると壊れてしまうからだ。

昨年の北海道マラソンでは、レース中に、水をかぶりまくったため、浸水して壊れてしまった。

これは自業自得だから仕方がないのだけれど、そんな失敗を繰り返したくない。

ということで、僕の選択肢としては、(2)か(3)になる。

僕が、街なかで見かけるパターンとしては、(2)のレインコートはあっても、(3)のビニールパターンは皆無。

しかし、僕は、いつでも必ず(3)なので、今日もこんなスタイルで走った。

f:id:ICHIZO:20190629142757j:plain

この装備は、45Lの透明なゴミ袋(ポリ袋)を切って作ったもの。

首と手の部分を切り取るだけなので、不器用な僕でも簡単に作成できるし、コスパ的にも申し分ない。

途中で晴れたら、簡単に捨てることができるのもいい。

それなのに、なぜ、このスタイルで走っている人を見かけないのだろう。不思議だ。

いざレースとなると、これが「ガラッ」と変わって、ゴミ袋スタイルの人が大量に出現する。

透明なものだけじゃなく、表面にデカデカと《ゴミ袋》という文字が書かれているモノを着ている人もいる。

それなのに、なぜ、みんな、街なかでは着ないのだろう…?

と。

ここで僕はハタと思った。

もしかすると…。このスタイルは、ランナー以外の一般人から見ると、これは怪しく見えてしまうのだろうか?と。

例えば、子供連れの親子では、以下のような会話がなされているのかもしれない。

「ねぇねぇ、ママぁ。あのオジちゃん、変なカッコで走ってるよ」

「こらっ。指さしちゃダメよ。目をそらしなさい。」

女子高生たちは、このように話しているかもしれない。

「ヨシコ、見て見てー。あのオヤジ。ゴミ袋かぶってる-」

「自分がゴミってことなのかしら?きゃはは」

悪い妄想が止まらなくなってきたw

まぁ、僕のことなど誰も気にしてないだろうから、単なる自意識過剰だとは思う。

ただ、これまでランニング中に、何度かぎょっと驚かれたり、凝視されたりしたこともあるので、自分が考えている以上に、違和感のあるスタイルなのかもしれない。

もちろん、対策はある。 


[アシックス] ランニングウエア ポンチョ

こういったものを着て走ればいいのだ。

単なるビニール袋なのに、asicsというロゴが入っているだけで、一気に「ランナーグッズ」に見えるから不思議だ。

これを着て走れば、絶対に後ろ指を指されることはない。

ただ…。

ゴミ袋と何ら機能は変わらないのに、asicsのロゴのためだけに、300円以上の代金を払って購入するのもなぁ、という気がして、どうしても踏み切れない。

やっぱり僕はゴミでいいやw

漫画 君たちはどう生きるか

漫画 君たちはどう生きるか

 

マラソン・ジョギングランキングへ