餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

Canon「PowerShot SX720 HS」ゲットーっ!

スポンサーリンク

久しぶりのガジェット購入だった。

f:id:ICHIZO:20171113043313j:plain

Canon PowerShot SX720 HS

新しいガジェットをゲットした瞬間は、なんだかとてもワクワクする。

Cyber-Shot DSC-WX350が突然故障してしまったため、予定外の出費ではあるけれど、それでも嬉しい。

故障した当日に購入を決意。amazonで注文したら翌日に届いた。

ということで、週末から既に使い始めることができている。いやはや、本当にいい時代になったものだ。

ただ、この端末に決めるまでは少し悩んだ。

どうせ買い換えるなら、DSC-WX350よりも性能のいいものを…という思いがあり、これまで不満だった問題を解消するものを選びたかったからだ。

それは、次の2つ。

・ズーム倍率の高さ

・マニュアル撮影ができること

この2点だけはどうしても譲れない、と思った。

僕は、この1年以上WX350を使い続けて、最も価値があったと思うのは、夜明け前ランでの「月」撮影。

もちろん、日常の情景や餃子撮影などにおいても活躍はしてくれたが、こういったシーンでは、iPhone SEの方が手軽で、それなりの写真が撮れる。

両機を撮り比べてみたこともあったが、料理写真においては、iPhoneの方が綺麗かも…?と思うことさえあった。

ということで、僕的には、iPhoneでも十分だったのだ。

しかし。

こと「月」の撮影に関しては、iPhoneは、太刀打ちできない。

iPhone SEだから…ということではなく、iPhone Xだろうが、他のどんなスマートフォンだろうが、WX350には対抗不能。

そのズーム機能に、圧倒的な差があるからだ。

月の遠景ではなく、月面の大きな写真を撮りたければ、少なくとも20倍程度のズーム機能は必要。

現状、スマホでの光学ズームは2倍程度がやっとなので、この点においては、完全にコンデジ軍の勝利なのである。

ということで、僕は、WX350を使い続けてきたが、20倍ではちょっとギリギリ…という思いがあった。

また、月を綺麗に撮影しようとすれば、絞りやシャッタースピードなどの細かい設定が必須になるけれど、WX350には、その機能がなく、僕はそれを不満に感じていた。

ということで、僕は、WX350よりも一回り上の性能を持つコンデジに買い換えることに決めた。

予算は3万円前後と設定して、僕が絞った候補は…以下の4つ。

Canon PowerShot SX720 HS

SONY Cyber-shot DSC-WX500

Panasonic DMC-TZ85-S

Nikon COOLPIX A900

筐体サイズとしては、Cyber-shot DSC-WX500が一番小さく、WX350と同じCyber-shotシリーズだから、使いやすそうにも思えた。

ただ、僕は、WX350のサイズ感には惚れ込んでいたものの、その操作性に関してはいまひとつだと思っていたため、なんとなく二の足を踏んだ。

DMC-TZ85-SやCOOLPIX A900にも魅力を感じていたが、結局僕は、PowerShot SX720 HSを選んだ。

一番大きな魅力は、ズーム機能が最も高かった(40倍)こと。

また、以前、このシリーズの廉価版であるPowerShot SX610 HSを使っていたというのも大きな理由だった。

サイズは、610 HSよりもグッと大きくなってしまうが、でも、何とかギリギリ耐えられる重さだと思った。

PowerShot SX 720 HSには、現在、後継機のPowerShot SX730 HSが発売されているが、僕的には、むしろ、旧機種のほうに魅力を感じた。

720 HSと730 HSのスペック差はほぼなく、最大の変化は、「チルト式液晶モニター」の採用。

これにより、自撮りは格段と便利になるようだが、僕は「自撮りしない派」なので全く問題ない。

このモニター採用により、30gも重くなってしまったことも、個人的には大きなマイナスだった。

それでいて、価格も1万円弱高くなってしまうため、僕には、後継機を選ぶ理由がなかった。

ということで…。

f:id:ICHIZO:20171113052707j:plain

僕は、PowerShot SX720 HSをゲットした。

筐体カラーは、無難なブラックは何だか惹かれず、レッドを選択。

730 HSには、レッドバージョンがないため、その点においても、720 HSは魅力的だった。

f:id:ICHIZO:20171113053023j:plain

DSC-WX350との比較。

一回り大きくなってしまったし、ずしりと重くなった。その点はやっぱり気になるが、もう後戻りできない。

f:id:ICHIZO:20171113053134j:plain

SX610 HSとの比較。

ズームレンズを引き出して比較している理由は、610 HSが、この状態で故障して収納できなくなってしまったためw

ズーム倍率差(18倍 vs 40倍)ほど、筐体の大きさに差はないように思える。

ということで、僕は、先週末から使い始めているのだけれど、早速、その素晴らしさに感嘆している。

色々写真も撮っているので、それについては、あらためてご紹介させていただこう。

 

Canon デジタルカメラ PowerShot SX720 HS ブラック 光学40倍ズーム PSSX720HSBK

Canon デジタルカメラ PowerShot SX720 HS ブラック 光学40倍ズーム PSSX720HSBK

 

 


マラソン・ジョギングランキングへ