餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

理屈を捨てて見れば、最高に楽しい「シャザム!」

スポンサーリンク

先週末から公開になった映画で、原作は、DCコミックス(アメコミ)の人気作品。

シャザム! :魔法の守護者(THE NEW 52! ) (DC)

シャザム! :魔法の守護者(THE NEW 52! ) (DC)

  • 作者: ジェフ・ジョーンズ,ゲイリー・フランク,中沢俊介,内藤真代
  • 出版社/メーカー: 小学館集英社プロダクション
  • 発売日: 2015/02/07
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (3件) を見る
 

しかし僕は、アメコミを殆ど読んだことがなく、DCのみならず、マーベルコミックについても疎い。

映画化作品についても、殆どが未見。なんたって「アベンジャーズ」シリーズだって見ていないのだ!(威張ってどうするw)

ということで、アメコミ的興味は全くなかったのだけれど、なんとなく、気楽に楽しめそうな映画だったため、見に行くことに決めた。

以下、ネタバレに気をつけて、僕なりの感想を書かせていただこう。

f:id:ICHIZO:20190425211847j:plain

キャッチコピーは、「見た目はオトナ、中身はコドモ」ということで、いかにも脳天気で楽しい作品っぽい。

ただ、導入部の印象は、それと大きく異なっていた。

オープニングと本編との繋がりがちょっとわかりにくく、ヒーロー登場までが少し長いため、僕はダレそうになった。

さらに。

この映画の主人公となる《コドモ》の性格が疑問。

キャラクター設定としては、「(とある理由により)ちょっと暗くて、とっつきにくい子供」という感じで描かれている。

それが、いざヒーローに変身して《オトナ》になると、性格が一変。

とびきり明るくなってしまうため、どうにも違和感が生じる。

僕は、最初に、「えっ、これ、同一人物なの?」と思ったほどだ。

まぁ、多感なコドモの時期だから、変身した途端に気分が切り替わるのかもしれないけれど、それにしても変わりすぎな気がする。

その後も、主人公は、オトナとコドモを行ったり来たりして、そのたびに僕は違和感を抱いたのだけれど、まぁ、慣れた。(慣れさせられた。)

また、主人公を取り巻く《新しい家族》たちとの関係も微妙。

主人公との絡みが薄く、そのキャラクター設定がよくわからない人もいるため、どうにも感情移入がしにくいのである。

ヒーロー物としてお約束である《悪役との対決》という点でも、あまり新鮮味はないような気もする。

戦闘の場も、ほぼ、フィラデルフィア市街地だけに限られており、そのスケールが非常に狭い。

ということで、ツッコミどころ満載の映画なのだ。

しかし、そういった点はあるものの、面白いか面白くなかったかと言われれば…

めちゃめちゃ面白い!

コメディセンスが秀抜で、僕は何度も笑わせてもらったし、シリアスなシーンでは胸が熱くなった。

クイーンのファンにとっては、「おっ!」と思うシーンも用意されており、感激だ。

後半、伏線の回収も見事で、「そういうことだったのか!」というサプライズもある。 

気がつくと、あっという間の2時間超。僕は十分に楽しませてもらった。

こういった映画は、色々細かいことを考えず、成り行きに身を任せて、無心で見るのが吉なのかもしれない。

お楽しみは、ラストシーンの後にも続く。

エンドロールが流れても、絶対に最後まで見ないと損をする映画だ。*1

後味がとっても良いし、鑑賞後は、思わず「シャザム!」と叫びたくなる。

とにかく楽しい映画を見たい人には、自信を持ってオススメ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Schleich シュライヒ社フィギュア22554 シャザム Shazam
価格:1598円(税込、送料別) (2019/4/25時点)

*1:僕は、エンドロール終了までがひとつの作品だと思っているので、必ずじっくり堪能するのだけれど、その途中で帰っちゃう人もいるんだよなぁ…。なんだかもったいない。


マラソン・ジョギングランキングへ