餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

骨折に効く…筈!3年ぶりの「酸素カプセル」効果に期待

スポンサーリンク

3連休の最終日。

「連休中でのフルマラソン距離走破」という目標を達成できて、僕は大いにホッとした。

2週後の東京マラソンに向けて、スタミナ面については、とりあえず、なんとか、メドがたった。

整形外科医の先生から、「ランニングは、(手首の骨折に)何の影響もない」というお墨付きが出ているし、さつか(id:satsuka1)さんからは、コメントで、とても心強い情報をいただいた。

f:id:ICHIZO:20180216044722j:plain

だから、この週末ロングランは、東京マラソンに向けて、また、骨折回復に向けても、「プラス効果」だったことは間違いない、と思う。

ただ、現状、ギプス状態であることは変わりないから、僕は、レース当日までに、さらなるあがきで、早期回復を目指すことにした。

…で、思いついたのが、酸素カプセルだった。

酸素カプセルは、リフレッシュ効果とともに、《怪我の回復に効く》ということが提唱されており、スポーツ選手の利用も多い。

かつて、デビッド・ベッカムが、W杯直前に骨折した際に利用して、奇跡的な回復を遂げたのは有名な話だ。

そんな「ベッカムカプセル」効果を、今回の骨折にも適用させたい…と思った。

酸素カプセルにおける回復効果は、かつて、僕自身も経験している。

そう、僕は、自慢じゃないが、これまで何度も、レース直前に転倒したり、電車のドアに挟まったりして、怪我をしているのだ。(←自慢にならないってのw

その際、僕は、回復を目指して、酸素カプセルを利用した。

結局、レースには間に合わない…という時もあったけれど、僕はその明らかな効果を実感していた。

怪我をしていない時でも、レース直前には、よく利用して、身体のメンテナンスを行っていた。

4年前のかすみがうらマラソンでは、レース前日にも酸素カプセルを利用。

はたして、その効果は絶大だった。今となっては、「ホントに僕が走ったのか?」と思えるようなタイムで好走できたことを思い出す。

僕にとって、酸素カプセルは、レース前の定番メンテナンスだったのだ。

回数券が切れてから、足が遠のいてしまっていたけれど、手負いの身体になってしまった今こそ、酸素カプセル効果に期待したかった。

ということで、会員になっている酸素カプセルサロンのWebサイトをつらつらと眺めていたら、こんな広告が出ているのを発見した。

f:id:ICHIZO:20180216051737j:plain

酸素カプセル専門サロン「フォレスト」

おぉぉ、なんと。東京マラソン2018出走者は、なんと、初回料金の金額で利用できる!

通常価格は60分2,700円だが、初回料金は1,800円なので、断然お得。

電話で問い合わせたところ、東京マラソン出走者は、回数券も初回専用の金額でゲットできるという。

酸素カプセルが5回利用できる回数券は、10,800円(1回あたり2,160円)で、これでも単独利用に比べるとリーズナブルな設定だが、初回購入に限っては、8,000円(1回あたり1,600円)となり、超お得。

これは、行くしかない!

僕は、折角の東京マラソン参加者なのだから、その権利を行使しない手はない!と思った。

ということで…。

f:id:ICHIZO:20180216053302j:plain

3年ぶりに、僕はここを訪れた。

決して上品な看板とは言えないし、古びた雑居ビルの中に入っているため、初回訪問時には、ちょっと勇気が必要だったことを思い出す。

ただ、今は、何の問題もなかった。

新宿東口駅前という超一等地で、何年もつつがなく営業が続いているということは、イコール、流行っているということ。

しかも、僕はかつてのリピーターなのだ。

f:id:ICHIZO:20180216053725j:plain

入店。

店内は、整然と綺麗にまとまっており、大量の酸素カプセルも、かなり埋まっていた。

僕は、3年前と殆ど変わっていない雰囲気にホッとしながら、ボックスの中に入った。

f:id:ICHIZO:20180216054113j:plain

気圧がどんどん上がっていく。

僕は、左手を見つめ、この環境が骨折に効く…ことを祈りながら目を閉じた。

あっという間の60分。

カプセルから出た僕は、明らかに気分が爽快になっていることを感じていた。

現実、この日の夜の睡眠は、とても深く、心地よいものだった。

明らかに、久しぶりの酸素カプセル効果はあったのだ。

それが内面から、そして手首の骨にも聞いていてくれることを、祈るばかり。

僕は今回、回数券を購入したので、レース前に、できれば、もう1回ぐらいは訪れておきたいと思う。

WORLD SOCCER DIGEST デイビッド・ベッカム引退記念号 [雑誌]

WORLD SOCCER DIGEST デイビッド・ベッカム引退記念号 [雑誌]

  • 作者: 日本スポーツ企画出版社
  • 出版社/メーカー: 日本スポーツ企画出版社
  • 発売日: 2016/11/16
  • メディア: オンデマンド (ペーパーバック)
  • この商品を含むブログを見る
 

マラソン・ジョギングランキングへ