餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

餃子とは似て非なるモノ…だけど、カーボローディングには最適!なマウルタッシェン

スポンサーリンク

その料理は、強烈なインパクトだった。

f:id:ICHIZO:20170927041339j:plain

撮影時、あまりの凄さに圧倒され、サイズ比較対象の物を置き忘れてしまったので、わかりにくいかもしれないが、僕らはそのボリュームに、しばし絶句してしまったほど。

何しろ、この他にあと1つしか料理を注文しなかったのに、男3人がかりで完食できなかったのだから、半端じゃない。

これで2人前。

別途1人1人に大きなサラダがついて、18ユーロ(約2,400円)。しかも、とっても美味しかったので、コストパフォーマンスも優れていると思う。

これは、北ドイツ料理の「盛り合わせ」のようなもの(?)で、パスタに加えて、ソーセージとザワークラウト(キャベツの酢漬け)。そして、その上に「それ」が鎮座していた。

f:id:ICHIZO:20170927042326j:plain

ドイツの餃子的な食べ物。マウルタッシェンだ。

f:id:ICHIZO:20170927043508j:plain

確かに、こうやってひとつだけ取り出して見ると、焼餃子に見えなくもない。

f:id:ICHIZO:20170927043105j:plain

僕らが注文したもう1品は、「マウルタッシェンのチーズがけ、ほうれん草添え」。

f:id:ICHIZO:20170927043014j:plain

マウルタッシェンに関しては、「盛り合わせ」に載っているものと変わらない。

が、こちらの料理に関しては、チーズとほうれん草のボリュームが凄まじくて、これまた僕らは圧倒されてしまった。

しかし、圧倒されてばかりもいられない。僕にとって、生まれて初めてのドイツ餃子、マウルタッシェン。さぁ、実食だ。

ということで、食べてみた感想をひとことで言えば…。

これは餃子じゃない!

ということだった。

一見すると焼餃子のビジュアルに見えなくもなかったのだけれど、囓った印象は、一口目から、明らかにそれと異なった。

表面こそ、「カリカリ」風に見えるものの、それを感じるのは一瞬。すぐに「しんなり」とした味わいに変わる。

分厚い皮は、もちもちしている…というよりも、なんだかパスタを食べている感じ。それもその筈、そもそも、マウルタッシェンは、パスタ生地で作られているからだ。

f:id:ICHIZO:20170927044155j:plain

断面図。

こうやって見ると、明らかに「焼餃子」とは異なることがおわかりいただけると思う。

野菜中心の具は完全にすり下ろされていて、いわゆる、マッシュベジタブル状態。日本の野菜餃子のような、ザクザク感などは皆無だ。

そして、下味もそんなについてない。

ただ、これが美味しくなかったかというとそうではなく、「餃子でないことを別にすれば」僕は気に入った。

具がそんなに主張をしていないので、パスタの盛り合わせの中に入っても違和感はないし、チーズやほうれん草にも合う。

だからこれは、パスタ料理の一種なのだ。

ということで、ベルリンマラソン直前のカーボローディング*1には最適だったと思う。

マウルタッシェンには、焼餃子風のものだけじゃなく、スープに入った水餃子風(たぶんこちらの方がメジャー)のものもあったので、盛り合わせとの差別化としては、それも食べてみたかった。

しかし、盛り合わせ料理の強烈なボリュームに圧倒された僕らにその余力はなく、この日はこれで終了。(しかも食べきれなかった…。)

ただ、どちらも非常に美味しい料理だったし、十分すぎるほどカーボローディングできたので、僕はとても満足している。

その店は、僕らの滞在ホテルからちょっと行きにくい場所で、しかも、雨も降っていたのだけれど、出かけて良かった。

f:id:ICHIZO:20170927050732j:plain

die feinbäckerei

前述の「スープマウルタッシェン」だけじゃなく、他の客が食べていたピザ風料理なども魅力的。

店の雰囲気もよかったので、また、ベルリンマラソンに行く機会があれば、今度は是非大勢で、いろいろな料理を楽しみたい。

 

世界まるごとギョーザの旅 (かもめの本棚)

世界まるごとギョーザの旅 (かもめの本棚)

 

 

 

 

*1:勝負に必要なエネルギーを身体に蓄えるため、パスタ料理などで、カーボ(炭水化物)を身体に詰め込むこと。


マラソン・ジョギングランキングへ