餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

マスクが通貨になった世界! 「MASK」予告編が、元ネタより面白いんじゃないかと思った件

スポンサーリンク

新型コロナウイルスの流行に伴い、現状、マスクは、非常に入手困難な状況になっている。

そして、それにつけこんだ転売屋たちがマスクを買い占め、その値段を大きくつり上げて販売している。

僕は、常々、そういった状況を苦々しく思っているのだけれど、これを見てちょっと気分がスカッとした。

マスクが通貨になった世界を描いた映画。「MASK」の予告編だ。

これは、そんな今の現状を皮肉に描いているからである。

僕はこの予告編を、感服しながら見終わったあと、「どこかで見た内容だなぁ…。」と思った。

そして、YouTubeの概要欄を見て納得。

僕は、8年前に、元ネタの映画本編をリアルタイムで鑑賞していたのだ。

この映画は、「時間(寿命)=お金」になるというテーマが秀抜で、僕は予告編を見た時から大いに楽しみにしていたことを思い出す。

残念ながら本編は、後半の造りが荒っぽくてイマイチだったのだけれど、今でも、そのテーマは秀抜だと思っている。

この「MASK」予告編は、そんな「TIME」のアイデアを借用し、「マスク=お金」として製作されている。

「TIME」の予告編を、そっくりパクったような形になっているのだけれど、そのパクリ方が素晴らしく、違和感を感じない。

「MASK」は、本編である「TIME」を超えているんじゃないかと思えるほどだ。

まぁ、「TIME」という映画は、もともと、本編より予告編の方が面白かったので、納得の結果だとも言えるのだけれど。

TIME/タイム (字幕版)

TIME/タイム (字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
 

f:id:ICHIZO:20200303040612j:plain

 


マラソン・ジョギングランキングへ