餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

驚愕の「とんかつ」バカミスや圧巻の「鰻」コミックが99円!講談社文庫Kindle本が大セール中!!

スポンサーリンク

現在、Kindle本のセールが開催中だ。

30,000冊以上が対象となっている、「Kindle本」夏のビッグセールは見逃せない。

f:id:ICHIZO:20210724020933j:plain

Amazon.co.jp: 【50%OFF】 Kindle本 夏のビッグセール: Kindleストア

これらのセール本は、もちろんお得なのだが、単行本が中心のラインナップなので、50%オフと言っても、500円を超えるものが多い。

もっと気軽に購入できる本はないだろうかと思っていたら、こんなセールが同時開催されていることを知った。

講談社文庫の99円セールだ。

とりわけ注目なのが、以下の2点。

f:id:ICHIZO:20210724022846j:plain

六枚のとんかつ (講談社文庫) Kindle版

ノベルズ版発売時、ミステリ界で賛否両論を巻き起こした、史上空前のバカミステリ短編集。

当時、僕は定価で買って、あまりのくだらなさと、トリックの陳腐さに投げ捨てたくなってしまった(実際、処分したw)。

なので、定価での購入は全くオススメできないが、99円ならば、話のネタとして、購入しておいて損はないと思う。

今回僕も再度購入。

読み進めていくうちに、ちょっと後悔したが、このバカさっぷりは、読んだ人でないとわからない。

この本を読み切った人たち同士は、きっと、話が弾むだろう。

ミステリ界の懐の広さを感じさせてくれる短編集だ。

もう1点の注目作品は、これ。

f:id:ICHIZO:20210724025137j:plain

う 松の巻 (講談社文庫) Kindle版

 『酒のほそ道』などの食レポ系マンガで人気のラズウェル細木による、鰻だらけのコミック集。

35編もの短編が収録されており、どれも、美味しそうな鰻・鰻・鰻。

鰻に関するうんちくも満載で、鰻好きにはたまらない。

これが99円でゲットできるというのは実にお得だが、「読むと鰻を食べたくなってしまう」のは必定なので、その点は覚悟が必要だ。

ちょうど、土用の丑の日も近いので、この本で鰻気分を高めるのもいいだろう。

講談社文庫のセールには、この2冊以外にも、99円本が多数ラインナップされているが、《シリーズ物の1巻だけが99円》というパターンが多く、いわば「試し読み」的な位置づけ。

99円で購入してみて、「続きが読みたい!」となった場合、2巻以降は定価になってしまうため、心してゲットされたい。


マラソン・ジョギングランキングへ