餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

ゴミ収集車に轢かれそうになった夜明け

スポンサーリンク

僕は、年間を通じて、もっぱら午前4時台に走っている。

そんなランナーにとって、冬場はとにかくつらいことが多い。

寒くて身体が凍える上に、外は真っ暗。

いろいろ着込んで家を出るのが面倒だし、LEDセーフティバンドやヘッドライトを装着するのも煩わしい。

勝手知ったる近所を走るだけなら、本当はライトなど不要な筈なのだが、そうはいかない事情がある。

この時間帯は、無灯火の自転車などが堂々と走っていたり、脇道から、突然車が飛び出してきたりするので、危険性が高いからだ。

しかし、今の時期は、すべての状況が好転する。

昼間はかなり気温が上がっても、朝4時ならば、まだそんなに暑くない。

夜明けが一番早い時期だから、空は明るく、視界も良好。

だから最高に気持ちよく走れる時間帯…の筈なのだけれど、そんな時にも、天敵は存在する。

ゴミ収集車だ。

全国的にそうなのかどうなのかは知らないけれど、僕がもっぱら走っているエリアでは、ゴミ収集車がやたらめったら走っている。

この時間帯の収集車は、一般住宅向けのゴミではなく、主に商業施設などのゴミを収集しているらしい。

こんな早朝からお疲れさま…と言うべき仕事なのだろうが、僕は、素直に感謝の気持ちを抱けない。

急な飛び出しや暴走、赤信号無視の走行…。などなど、とにかく、危険運転ばかりが目につくからだ。

僕の走っている地区の、特定の運転手だけに限った問題…と思いたいのだけれど、車体に書かれた番号は違っているし、少なくとも1人だけの問題ではない。

昨日も、脇道から一時停止もしないで飛び出してきて、僕は、轢かれる寸前だった。

あと数秒、僕がそこを通過するのを遅れていたら、確実に轢かれていたと思う。

あまりにも怖かったので、僕は、自衛が必要だと思えてきた。

このままでは、夜明けに気分良く走ることができない。

今後も暴走が続くなら、ナンバーを控えておいて、ゴミ収集車管理センター(?)にでも訴えようかと思っている。

f:id:ICHIZO:20210613224704j:plain

 

 


マラソン・ジョギングランキングへ