餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

無心で見れば最高に楽しい「ゴジラvsコング」の壮絶バトル

スポンサーリンク

待ちに待っていたバトル映画。

もともとは、5月14日封切り予定だったのだけれど、新型コロナウイルスの影響で延期となり、ようやく、7月2日から上映が開始された。

f:id:ICHIZO:20210705011233j:plain

映画『ゴジラvsコング』公式サイト

 「ゴジラvsコング」だ。

2年前に上映された「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」の続編である。

「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」は、立川まで遠征して、シネマシティの極上爆音上映で見たことを思い出す。 

ストーリーはツッコミどころだらけだったが、音響の迫力と、怪獣シーンの凄まじさに圧倒された。

そんな映画の続編だから、当然、最高の鑑賞環境で楽しもうと思った。

ということで…。

f:id:ICHIZO:20210705010504j:plain

池袋「グランドシネマサンシャイン」が誇る、IMAX®レーザー / GTテクノロジースクリーンでの鑑賞を決めた。

3D上映回を選んだので、その鑑賞料金は、なんと、3,000円。

しかし、それだけの価値はあると思った。

僕と同じことを考えている人が多いのか、雨の日曜日、朝一番の上映だったにもかかわらず、大盛況。

座席は、いつの間にか、1席おきの販売ではなくなっており、僕は、「やっと普通に映画が見られるようになったんだなぁ」と嬉しくなった。

f:id:ICHIZO:20210705014235j:plain

久しぶりに、3Dメガネを装着しての鑑賞。

僕は眼鏡をかけているので、二重の眼鏡状態となる。

劇場によっては、眼鏡の上からかけると窮屈な3Dメガネもあるが、これはゆったりした作りになっているため、全く問題なかった。

ということで、大いに期待して鑑賞開始。

そのストーリーは、前作同様、ツッコミどころ満載…というか、ツッコミどころしかないという内容だった。

雑だ、あまりに雑すぎる。

登場人物たちは、皆、好き勝手な行動を繰り広げ、合理的な説明が殆どないし、対応も行き当たりばったり。

僕は、心の中で「おぃおぃ!」「あり得ないだろ」「そんなバカな」「どうしてそんな簡単に○○できるんだよ」と叫びまくっていた。

映画の後半は、なぜか主戦場が香港になるのだが、香港にとっては、とんだとばっちりだなぁとも思ったw

このシリーズ恒例の日本人枠(?)には、前作まで登場していた渡辺謙の息子役という設定で、小栗旬が登場。

小栗旬は、《ハリウッド映画初出演》ということだが、その役柄は、なんともまぁ…という感じで、別に小栗旬じゃなくても良くないか?と感じた。

ということで…。

僕は、心の中にツッコミと違和感を抱えていたが、それを吹っ切ってくれたのが、バトルシーンの素晴らしさだった。

IMAXの音響は流石に素晴らしく、3Dの迫力もあいまって、まさに壮絶。

タイトルが「ゴジラvsコング」で、《最強はどっちだ!?》というキャッチコピーなので、当然、最強怪獣がどちらになるのか、大いに期待しながら見ていた。

物語の展開を考えると、どう考えても、最終的には、○○○が勝つようになっているんだろうなぁ、でも、まさか○○○が負けるのか?

と思っていたが、「えっ?えっ??こんなのあり?!」という展開になったので、僕は、ちょっと驚いてしまった。

ただ、まぁ、それもご愛敬。

最後の最後まで、ツッコミどころ満載だったが、いちいち突っ込んだりせず、無心で見れば最高に楽しい、113分のエンターテイメント映画だ。

鑑賞後、ストーリーの内幕を知りたくなって、久しぶりにパンフレットを買った。

パンフレットは2種類あったが、僕は、1,100円で販売されていた 特別版を購入。

f:id:ICHIZO:20210705022333j:plain

特別版は、両面印刷特製アート・スクロール・カバー付きで、表紙は、キャラクターのエンボス加工、内側にも迫力のコンセプト・アートの印刷がされている。

そのカバーを外すと…。

f:id:ICHIZO:20210705022748j:plain

その中には、通常版+12ページのコンセプトアートを含んだパンフレットが入っていた。

パンフレットには、さまざまな裏話の他、写真も満載。

f:id:ICHIZO:20210705022920j:plain

それを見ていたら、バトルシーンの素晴らしさが脳裏に甦ってきた。

いやぁ、面白かったなぁ。


マラソン・ジョギングランキングへ