餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

「Fitbit は Google に買収されることが決定」したというメールを受け取って思ったこと

スポンサーリンク

ちょっと驚いた。

今朝、突然こんなサブジェクトのメールが届いたからだ。

「Fitbit は Google に買収されることが決定致しました」

メールは、Fitbit社の公式アカウントから発信されており、その本文は、こんな書き出しで始まる。

Fitbit‌ユーザーの‌皆さまへ
12 年‌以上前、‌共同‌創設者‌である‌エリック・‌フリードマンと‌私は、‌世界を‌より‌健康に‌すると‌いう‌ビジョンに‌基づき‌ Fitbit を‌設立‌しました。‌

そう。これは、同社の最高経営責任者であるジェームズ・パーク氏により発信されたものだった。

 Fitbitは、‌Google に‌よる‌買収の‌正式‌契約を‌締結‌致しました。‌プレス‌リリースの‌全文に‌ついては‌こちらをご覧ください。

メールからリンクで飛べる「プレスリリース」は、もちろん英語。

しかし、このメールでは、その内容を日本語で要約。専門用語に至るまで、正確な日本語で発信されている。

その内容も、実に濃密。

《Googleの買収によって、今後、どのようなことが起きるか》を丁寧に伝え、個人情報の取り扱いや、買収に伴う法律的な要件まで、3,000文字以上に及ぶ長文で記したメールだ。

Fitbit の‌アクティブ‌ユーザーは、‌全世界で‌ 2800 万人を‌超えて‌いるということだから、それらのユーザーに向けて、この内容を、各国の言語で翻訳し、発信しているのだろうか。

そう考えると、僕はちょっと感嘆してしまった。

Fitbit社が、Google社のリソースと‌グローバル‌プラットフォームに取り込まれることになり、プラスになることも多いのだろうけれど、個人的に、一番気になったのが、個人情報の取り扱いの件だった。

僕は、Fitbit Charge 2を使い初めて2年以上になるが、このデバイスには、僕のパーソナルデータや行動記録、そして睡眠情報に至るまで、さまざまなデータを蓄積させている。

それらが、Google社に取り込まれ、Webサイトでいちいち関連広告などを出されたらたまらない!

…と、思ったのだ。

しかし、その点はどうやら心配いらないようだ。

私たちは‌収集‌する‌データの‌内容や、‌その‌目的に‌ついて‌透明性を‌確保‌して‌参ります。‌皆さまの‌個人‌情報を‌転売‌する‌ことは‌一切‌致しません。‌

また ‌Fitbit が‌収集‌した‌健康と‌ウェルネスの‌データが、Google の‌広告に‌利用‌される‌ことも‌ありません。

本当だろうか…?という気もするのだけれど、ジェームズ・パーク氏がここまで断言する以上、それを信じることにしたい。

f:id:ICHIZO:20191221155456j:plain


マラソン・ジョギングランキングへ