餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

村上春樹、クラシック音楽を語る。「古くて素敵なクラシック・レコードたち」刊行決定!

スポンサーリンク

ハルキスト*1なら誰でも、村上春樹先生が、音楽好き、それも大のレコード好きであることを知っているだろう。

それは、先生自身がディレクターを務めるラジオ番組の「村上RADIO」で、存分に証明されている。

この「村上RADIO」では、村上春樹先生が自宅から持ってきたLPレコードを、そのままかけたりしているからだ。

番組は、主にジャズを中心に特集されているが、クラシック音楽にスポットをあてた月もあった。

f:id:ICHIZO:20210520225358j:plain

クラシック音楽っていうと、長くて重々しいという印象をお持ちの方も多いかと思いますが、うちにある音楽ソフトの中から、コンパクトだけど内容は素敵だ、興味深いという作品を集めてみました。

村上RADIO - 5分で聴けちゃうクラシック音楽 - 村上春樹

この放送回では、13作のクラシック音楽が取り上げられ、それにまつわる逸話などもたっぷりと語られている。

村上春樹先生のクラシック音楽に対する愛が、とてもよくわかる放送だった。

そんな愛を、存分に感じられる本の刊行が決定した。

f:id:ICHIZO:20210520231102j:plain

古くて素敵なクラシック・レコードたち 単行本(ソフトカバー)

発売元である文藝春秋によると、その内容は以下の通り。

『古くて素敵なクラシック・レコードたち』は、クラシック音楽をこよなく愛し聴き巧者である村上春樹さんが、LPレコード約470枚をカラーで紹介しながら、縦横無尽に論じるという待望の音楽エッセイです。

LPレコード470枚をカラーで紹介!

そしてそれに珠玉のエッセイが添えられているのだから、いやはや、これは楽しみすぎる。

カバー写真に掲載された9枚を見ても、すべてLP初期の初出盤ということで、本文の内容は、かなりマニアックなものになりそうだ。

とはいっても、村上春樹先生のエッセイである以上、誰にでも楽しめる内容になっていることは間違いない。

音楽に関するエッセイとしては、これまで、『意味がなければスイングはない』や、和田誠先生と共著の『ポートレイト・イン・ジャズ』などが刊行されているが、クラシック音楽についての単著はこれが初めて。

発売は6月24日(木)ということで、あと1ヶ月あまり。

その刊行が実に楽しみだ。

古くて素敵なクラシック・レコードたち

古くて素敵なクラシック・レコードたち

  • 作者:村上 春樹
  • 発売日: 2021/06/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

*1:村上春樹(作品)をこよなく愛するファンのこと。村上春樹先生は、この名称を気に入っておらず、「村上主義者と読んで欲しい」と言っている


マラソン・ジョギングランキングへ