餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

「ロンドンマラソン2021」の抽選結果が届いた!

スポンサーリンク

今朝、目覚めてみると、こんなメールが届いていた。

 

f:id:ICHIZO:20210209030530j:plain

Your 2021 Virgin Money London Marathon Ballot Result

 「ロンドンマラソン2021」抽選結果のお知らせだ。

ロンドンマラソンは、例年4月に開催されているが、コロナ禍に伴い、今年は、10月3日に延期。

だから、今の時期に抽選結果が届いたということになる。

僕は、申し込んだことさえも忘れていたから、ちょっと驚いた。

ロンドンマラソンの外国人枠は、たった500人程度しかなく、世界で一番競争倍率が高いマラソン大会と言われている。

僕は、ダメ元で申し込んだだけなので、どうせ当たっているわけはないと思った。

ただ、一縷の望みを抱いて、メール内に表示されていた【Check your result】ボタンを押下すると…。

f:id:ICHIZO:20210209031741j:plain

やっぱり落選だった。

まぁ、世の中そんなに甘くない。特に僕は、くじ運が弱いので、尚更だ。

落選後の身の振り方としては、3通りの方法が提案されていた。

1つは、チャリティランナーとして参加する方法。

ただこれは、現地のチャリティ団体との交渉が必要である上、ロンドン在住という条件が加わる場合もあり、どんなにお金をかけても、走れる保証がない。

僕のような、語学力の乏しい外国人にとっては、壁が高すぎる。

もうひとつは、ツアー枠。

これは、僕も以前申し込んだ経験があるからわかっている*1が、トータル50万円超(!)の出資が必要となる。

まぁ、結果的にはそれしか参加する手段がないのであれば仕方がないが、今のコロナ禍では、そもそも開催されるのかどうか不透明であり、現地へ行くことさえも難しい可能性がある。

もしも抽選に当たっていたなら、(コロナの状況次第だけれど)何とか行きたいと思っていたが、50万超を払ってリスクを冒すというのは、二の足を踏む。

そして、第3の方法。

最近は、すっかりお馴染みになってしまった、「バーチャルマラソン」への参加だ。

その費用は、£35(約5,000円)で、参加賞としては、フィニッシャーメダルとTシャツが提供される。

僕は、ランニングモチベーション維持の為に、申し込んでおこうかなぁと思いつつ、ちょっとためらっている。

その出走条件が、かなり厳しいからである。

バーチャルレースの参加案内によれば、それは、リアルのレースと同日開催。

「10月3日限定で、フルマラソン距離を走りきる」必要があるというのだ。

日本のバーチャルマラソンは、何日間(~1ヶ月間)にわけてフル距離を走ればいいというパターンのものが多いが、それに比べると、かなりシビア。

去年の、《バーチャル》ニューヨークシティマラソンも、1日でフル距離を走らなければいけなかったが、走る日にちは、特定期間内であればいつでもよかった。

しかし、今回は、10月3日限定。

その日、もしも日本を台風が直撃したとしても、延期することはできないのである。

まぁ、リアルなレースだと思えば、どんな条件だろうと、決められた日に走る必要があるのだけれど、それはあくまで、皆と一緒に走るマラソンレースだからできること。

例えばひとりで走るとなると、精神的には結構ヘビーだ。

ということで、僕はちょっと迷っている。

*1:諸般の事情で、過去2回もキャンセルすることになってしまった。


マラソン・ジョギングランキングへ