餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

10ヶ月ぶりの荒川河川敷で、4ヶ月ぶりの20kmラン…。

スポンサーリンク

 

昨年の4月。

東京都に、初めての緊急事態宣言が発令された頃。

僕は、密を避けるために、早朝の荒川に繰り出して、ひみつ(非密)のランを敢行した。

この時はとても感動したのだけれど…。その後、僕は荒川から遠ざかる。

ランで遠征するのがどうにも億劫になってしまって、家の近所をダラダラと走るばかりになってしまったのだ。

先週末は、なぜか突然「荒川で走ろう!」と、思いたち、わざわざ電車に乗って、僕は荒川まで繰り出した。

北赤羽の駅を降り、軽くジョグでウォーミングアップしながら数百メートル。

f:id:ICHIZO:20210216013342j:plain

河川敷の上から見下ろした情景。

時刻は午前6時過ぎ。

ひつじ雲の彼方で、空はうっすらと赤くなり始めていた。まもなく夜が明ける。

坂道を駆け下り、僕は、やおら走り出す。

約10ヶ月ぶりの荒川河川敷ラン、スタートだ。

最初はどうにも身体がだるかったのだけれど、radikoで聞く「土曜朝6時木梨の会。が、実に楽しくて、それを支えに足を進めた。

ノリさんは、僕と3つ違いの同世代。

そんなノリさんが、若々しく、パワフルに頑張っている土曜朝。

僕も頑張らなくっちゃなぁと思えるのだ。

走り始めていると、太陽が上り始めてきた。

f:id:ICHIZO:20210216015249j:plain

いやぁ、この朝日がたまらない。

人も全然いなかったので、マスクやバフも不要だし、信号ストレスも皆無。

僕は、河川敷で走れる幸せを噛みしめた。

f:id:ICHIZO:20210216015612j:plain

河北橋下。いつもの定点撮影スポット。朝靄の中、遠くに見えるスカイツリーが素敵だ。

以前はここで折り返す場合もあったが、この日は、まだまだ先、スタート地点から10Kmの場所まで走り続けることに決めていた。

河川敷ランは、必然的に「往復ラン」になるため、到達点までの倍距離を走ることができるのがメリット。

10Km地点で折り返せば、最終的には20km。それがこの日の目標だった。

折角、電車賃を使ってまで荒川に遠征したのだから、20kmぐらい走らないと勿体ないじゃないかw

ということで、何とか10Km走って、折り返し。

「土曜朝6時木梨の会」は終わってしまったので、復路は、最近(今更)お気に入りのユーミンを聞き流しながら、走り続けて…。

f:id:ICHIZO:20210216020839j:plain

新荒川大橋に到達。

太陽は上りきって、空はすっかり明るくなってきた。

ここまで来れば、あとは、赤羽駅まで軽く1kmジョグをすれば終了だ。

f:id:ICHIZO:20210216021929j:plain

目標通りの20kmラン、だん。

たいしたスピードも出ていないので、練習になっているのかどうかは疑問だけれど、久しぶりに20kmが出来てホッとした。

調べてみたら、なんと、4ヶ月ぶりの20kmランだったw

以前は、これぐらい毎週のように走っていたのになぁ…。


マラソン・ジョギングランキングへ