餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

見た瞬間に支援を決めた「Unihertz ATOM」

スポンサーリンク

時は今年の7月に遡る。

いつものように、つらつらとWebブラウジングをしていた時、僕は、ふいにこれを見つけ、そして、その瞬間にビビッときた。

f:id:ICHIZO:20181119055032p:plain

これはもう、買うしかない。そう思った。

その思いは、Webサイトに貼られていたこの動画を見て、ますます高まる。

Unihertz Atomー世界最小の4Gタフネススマートフォン - YouTube

いやはやこれはたまらない。

めちゃめちゃコンパクトな上に、超タフネスなスマートフォン。ならばマラソンレース時に使えるじゃないか!

持って走っても負担にならず、豪雨に打たれたり、落としたりしても大丈夫。レース前後の通信通話も可能だから、ラン仲間たちとの連絡などもとりやすい。

僕は、まさにこういった端末を待ち侘びていたのだ。

僕がこれを見つけたのは、CAMPFIREというクラウドファンディングサイト。

クラウドファンディングの場合、支援状況によっては、開発が遅れたりすることもあるのだけれど、このATOMは心配無用だった。

支援の募集は、6月初旬から始まったようなのだけれど、なんと、目標額の5万ドルを、募集開始1分(!)で達成してしまったというのだから、驚くばかり。

いかに、このガジェットの魅力が高いものであったかという証明だ。

クラウドファンディングでは、支援時期ごとに価格が設定されているのが常で、「早く支援すれば支援するほど安くゲットできる」から、その後も、支援が集中。

僕がこれを発見した7月時点で、CAMPFIREの「スーパーアーリーバードコース」(本体19,990円)は既に満口。

しかし、2番目に安い「アーリーバードコース」は、何とか支援が間に合った。

ということで、

f:id:ICHIZO:20181119054730j:plain

~小さいは正義~世界最小4Gタフネススマートフォン『Atom』いよいよ日本上陸! - CAMPFIRE (キャンプファイヤー)

7月初旬に支援。

この時点で、お届け予定は、2018年11月となっていたので、僕は、「もしかすると、大阪マラソンに間に合うかも…」と期待した。

僕は、今年出場する大阪マラソンで、レース中の感動を写真に残したいと思っていたからだ。

昨年の大阪マラソンでも、僕は、写真を撮りまくっている。

しかし、この時活躍してくれた防水コンデジのCyber-shot DSC-TX5は、その後に故障。

だから僕は、今年、どうしようかと考えていたのである。

ということで、このATOMが間に合えば最高!と思いつつ、いやぁ、やっぱり間に合わないだろうなぁ…と、思い直した。

なんと言っても、発売前のクラウドファンディング商品だし、「11月」という表記が曖昧。海外から送付されるという点も含めると、ちょっと絶望的だろう。

そう思って諦めていた。

しかし、10月末に、CAMPFIREから、「準備が完了したので、予定通り11月に発送します」という旨のメールが届いて、心は揺れる。

さらに、11月中旬ごろから、TwitterなどにCAMPFIRE組のATOM到着報告*1が流れ始めてきたので、これなら僕も間に合うかも!という期待が膨らんできた。

宅配の追跡番号を開示してもらえなかったため、ただ、悶々と、信じて待ち続けるしかないというのが辛いところだったが、先週末、何とかギリギリで届いた。

ということで、僕はホントに嬉しくて、このエントリーを書いたのである。

ビビッときた瞬間から4ヶ月。恋い焦がれ、待ち続けた端末と対面する時がやってきた。

さぁ、いよいよ(ようやくw)開封インプレッションだ。 

*1:海外のクラウドファンディングサイト経由で、10月にゲットしている人もいた。


マラソン・ジョギングランキングへ