餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

トム・ハンクス「幸せへのまわり道」109分間の至福。1分間の奇蹟。

スポンサーリンク

鑑賞から数日経った今でも…まだ、映画の余韻が残っている。

いや、むしろ、その感動が増幅している気がする。

f:id:ICHIZO:20200904011816j:plain

それぐらい僕は、この映画に痺れてしまった。

僕にとっては、実に久しぶりのロードショー鑑賞だったが、やっぱり、映画はいい、映画館は素敵だ、と思える作品だった。

この映画は、トム・ジュノーという記者が、1998年に雑誌『エスクァイア』に寄稿した、実在の記事「Can You Say...Hero?」を基にしている。

ただ、実際はかなり脚色されており、この映画にトム・ジュノーは登場せず、ロイド・ヴォーゲルという記者名に変更。

家族関係に問題を抱えた、かなり癖の強い人物という設定になっている。

但し、そんなロイド・ヴォーゲルが「Can You Say...Hero?」で取材対象とした人物は、映画の中にも実名で登場する。

それが、トム・ハンクス演じるフレッド・ロジャースだ。

フレッド・ロジャースは、アメリカの子供向け番組「Mister Rogers' Neighborhood」の司会者。

僕は、全くその存在を知らなかったのだけれど、アメリカでは、知らない人がいないぐらいの有名人であるようだ。

この映画では、癖の強い問題人物のロイド・ヴォーゲルが、フレッド・ロジャースを取材しているうちに変わっていく、というのが大きなポイントになっている。

問題のある人物が、人との出会いを通じて変わっていくというのは、よくあるテーマなので、僕は、最初、あまり感情移入もできずに、映画を見始めた。

ところが。

このフレッド・ロジャースの人間性が素晴らしすぎて、僕は、とたんにぐいぐい引き込まれてしまった。

僕は、実際のフレッド・ロジャースを知らないため、これがどこまで実話に忠実なのかはよくわからない。

しかし、確かにこんな人物がいたら、やっぱり人気者になるだろうなぁと思った。

司会者として目に見える部分だけでなく、その内面も、実に魅力的な人物として演じられていたからだ。

ということで、あっという間の109分間。

僕は、トム・ハンクスが扮するフレッド・ロジャースワールドに陶酔しまくった。

とりわけ…。

劇中、フレッド・ロジャースとロイド・ヴォーゲルが、中華レストランで会食するシーンには、思わず息を呑んだ。

ネタバレになるので、細かくは書けないが、まさに《奇蹟の1分間》があるのだ。

僕はこれまで、こんな映画を見たことがなかった。

まさにこれは、映画館でこそ、ロードショーでこそ、堪能できる奇蹟。

僕は、この1分間を味わうだけでも、見に行ってよかったなぁ、と思ったほど。

「幸せのまわり道」という邦題は、ちょっと何とかならなかったのか?という気はするものの、実に魅力溢れる映画だ。

超オススメ。


マラソン・ジョギングランキングへ