餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

アレクサが聴かせてくれた「3月9日」と「贈る言葉」

スポンサーリンク

今日は、3月9日。

毎年この日になると、僕は、レミオロメンの名曲を思い出す。

そう。もちろん、「3月9日」だ。

本来は、3月9日に結婚する友人を祝うために制作された楽曲なのだけれど、ドラマの影響もあり*1、今は、卒業ソングの定番として位置づけられている。

PVにおいても、その冒頭で卒業シーンが登場。堀北真希を起用し、ラストは結婚式シーンに繋がる、ドラマチックな仕立てだ。

これで完全に、「3月9日=卒業式ソング」として定着することとなった。

僕は、ショートバージョンのPVをつらつらと眺めていたら、フルコーラスの楽曲をじっくり聞きたくなった。

そんな時に、僕の大きな味方になるのは、amazon music unlimited。

PCでもスマホでも、そして、アレクサ経由でも。

いつでもどこでも、聴きたいと思った歌をすぐに聴くことができるのが、amazon music unlimitedの大きな魅力だ。

ということで、僕は、早速アレクサにリクエストしてみた。

アレクサ、「3月9日」をかけて

 すると…。

f:id:ICHIZO:20190309143121j:plain

3月9日(藤巻亮太)

藤巻亮太が歌う「3月9日」を流し始めてくれた。

本当は、《レミオロメン》の「3月9日」が聴きたかったのだけれど、アレクサは、それを流してくれなかった。

なぜか。

f:id:ICHIZO:20190309143808j:plain

3月9日(レミオロメン)

レミオロメン版は、amazon music unlimitedの無料ラインナップに含まれていなかったからだ。

250円を払って購入すれば、聴くこともできたが、僕は、藤巻亮太版で十分満足できた。

そもそも、藤巻亮太はレミオロメンのメインボーカルで、セルフカバーとしてシングルカットもされているものだから、ほぼ、ニアリーイコールだろう。

f:id:ICHIZO:20190309144917j:plain

アレクサは、歌詞もしっかり流してくれるので、僕は、懐かしさに浸りながら、一緒に歌ったりした。

と。

まるで自分が、「3月9日」卒業式ソング世代であるかのように書いてきたが、もちろん僕は、そんな世代とかけ離れている。

以前のエントリーでも書いたけれど、僕が学生だった頃の卒業式ソングと言えば、なんと言っても、「贈る言葉」。

ということで、アレクサに再びリクエストしてみた。

アレクサ、「贈る言葉」をかけて

 すると…。

f:id:ICHIZO:20190309145459j:plain

GReeeeN「贈る言葉」

違う。この歌じゃない!

僕は、今回初めて聴いたのだけれど、これも卒業式関連ソングのようだ。

アレクサのような若い(?)世代にとっては、「贈る言葉」と言えば、この歌の方が思い浮かぶのかもしれない。

しかし、僕の期待していた歌とは異なっていたため、僕は、あらためてアレクサにリクエストした。

アレクサ、海援隊の「贈る言葉」をかけて

 すると…。

f:id:ICHIZO:20190309151017j:plain

贈る言葉(海援隊)

そうそう、これだよ、これ!

昭和世代のオッサンとしては、やっぱり、卒業式ソングと言えばこれなのだ。

なんでこれを最初に流してくれないかなぁ…。

アレクサよ。もう、かれこれ長いつきあいなのだから、いい加減、僕の趣向をちゃんと把握するようにw 

*1:「1リットルの涙」の挿入歌。主人公・亜也の学校の合唱の課題曲として使用された。


マラソン・ジョギングランキングへ