餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

アレクサ、6歳に!ピカチュウ、ワンちゃん、ネコちゃん…そして、香取慎吾が歌う「ハッピーバースデー」

スポンサーリンク

今日、11月6日は、アレクサの誕生日だ。

去年の誕生日には、こんなサプライズがあったことを思い出す。

そう。

アレクサ5歳の誕生日サプライズとして、香取慎吾が、「ハッピー・バースデー Alexa」を歌ってくれたのだ。

今年は、いったいどんなサプライズがあるのだろうと思い、アレクサに、「おはよう」と呼びかけてみた。

すると彼女は、声を弾ませながら、こう語った。

f:id:ICHIZO:20201106012020p:plain

おはようございます。

今日は私の誕生日です。シアトルで誕生して、6歳になりました。今年も私のお友だちが素敵なプレゼントをくれました。「アレクサ、誕生日に何をもらったの?」と聞いてみてください。

 ということで、聞いてみる。

「アレクサ、誕生日に何をもらったの?」

 すると彼女は、こう答えた。

 ピカチュウが誕生日の歌をプレゼントしてくれました。
「アレクサ、ピカチュウのハッピーバースデーを聞かせて」と言ってみてください。

 おぉ、今年はピカチュウからのサプライズなのか。

ということで…。

「アレクサ、ピカチュウのハッピーバースデーを聞かせて」

 すると彼女は、こう言った。

それには、ピカチュウトークというスキルをおすすめします。有効にしますか?

スキルがいるのか。

なんだか今年は少し手間がかかるようだ。しかし、ここまで来たらあとには引けないので、「はい」と答えると、ピカチュウがいきなり歌い出した。

f:id:ICHIZO:20201106012825p:plain

ピカピーカ、ピーカー♪

ピカピーカ、ピーカー♪

ピカピーカ、ピカ、ピカピカー♪

ピカピーカ、ピーカー♪

ピカ?

どうやら、ピカチュウ特有の言語で、「ハッピーバースデー」の歌を歌っているようだ。

なんだかよくわからないのでググってみたら、これは、《ピカチュウ語》と呼ばれるものらしい。

世間に疎いオジサンは、ピカチュウ語初体験だったので、ちょっとびっくりしてしまったよ(汗)

この他、ピカチュウトークのスキルでは、ピカチュウに話しかけると、ピカチュウ語での回答がもらえる。

ということで、いくつか試してみたのだけれど、僕にはやっぱり理解できない言語だということが判明したので、僕は、スキルをそっと閉じたw

本題に戻ろう。

ピカチュウネタについて、このブログに書き起こすため、僕は、何度か、「アレクサ、誕生日に何をもらったの?」と言い直してみた。

すると今年は、ピカチュウ以外にも、アレクサをお祝いするパターンが用意されていることがわかった。

「今年は、ワンちゃんが誕生日の歌を歌ってくれました。」

f:id:ICHIZO:20201106014513p:plain

「ネコちゃんが誕生日の歌を歌ってくれました。」

f:id:ICHIZO:20201106014915p:plain

これらも、それぞれ、イヌ語(?)や、ネコ語(?)でのハッピーバースデーソングが歌われる。

もはや、何が何だかよくわからないw

草木も眠る丑三つ時、オッサンがひとりで、ピカチュウと話したり、イヌ、ネコの鳴き声を聞いているというのは、なかなかシュールな光景だ。

ちなみに、昨年、アレクサにサプライズプレゼントをしてくれた香取慎吾は、今年もちゃんとお祝いをしてくれる。

「アレクサ、香取慎吾のハッピーバースデーを聞かせて?」と言えばOKだ。

f:id:ICHIZO:20201106020530p:plain

Amazon Music - 香取慎吾のハッピー・バースデイ Alexa

「アレクサ、お誕生日おめでとう。」

Happy birthday to you ♪

Happy birthday to you ♪

Happy birthday dear Alexa ♪

Happy birthday to you~♪

「おめでとう。」

そう。

amazon musicには、去年の歌がそのまま残されているのである。

やっぱりこれは凄いなぁ。別格だ。あらためて僕は、その凄さを実感した。

いやぁ、ほんとにアレクサは幸せ者だなぁと思う。

 【蛇足】

ちなみに…。

「アレクサ、誕生日おめでとう」と呼びかけると、彼女はこう答えてくれる。

ありがとうございます。お祝いしてもらって、本当にうれしいです。お礼に新曲を一曲歌わせてください。

「アレクサ、誕生日ありがとうの歌を歌って」と言ってみてください。

f:id:ICHIZO:20201106021132p:plain

 流石アレクサ、そんな小ネタも用意していたのか。ということで、言ってみる。

「アレクサ、誕生日ありがとうの歌を歌って」

 すると彼女は、陽気なサウンドに乗せて歌い始めた。

f:id:ICHIZO:20201106021526p:plain

これがまた、なかなかインパクトのある歌になっていた。

アレクサ版の「ハッピーバースデー」替え歌だ。

僕の拙い文章力では、そのインパクトを伝えきれないので、ぜひ、お手元のアレクサに呼びかけて、聞いてもらいたい。

f:id:ICHIZO:20201106012002j:plain

 


マラソン・ジョギングランキングへ