餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

「3ヶ月間、読み放題」で99円!amazon Kindle Unlimitedキャンペーンで、読書の秋を満喫!!

スポンサーリンク

めっきり涼しくなってきた。読書の秋だ。

僕は、これまでずっと「紙の本」を愛してきた。

例えば、僕が敬愛する筒井康隆先生の本などは、やっぱり、「紙の本」でなくてはならない。その手触りや装丁、匂いさえも愛おしく、一生手元に置いておきたい。

「紙の本」には、そんな魅力がある。

筒井先生の本は《別格》としても、愛着のある作家の本などは、やはり、「紙の本」がいい。

しかし…。

最近僕は、「紙の本」よりも電子書籍の方が便利なんじゃないか?と思うことの方が増えてきている。

いつでもどこでも、手持ちのスマホやタブレットで、手軽に、好きな本(コンテンツ)を読み続けることができるからだ。

どんなに沢山の本を持ち歩いても、重量負担がかからないというのは、素晴らしすぎる。

もちろん、部屋の物理的スペースもとらないので、断捨離にも向く。

電子書籍は、取り扱う業者が多々あるけれど、僕はamazon Kindle専門。

電子書籍の場合、「紙の本」と違って、それを、物理的に所有しているわけではないから、取り扱い業者が潰れたり撤退したりしたら、コンテンツごと消えてしまう。

しかし、amazon Kindleならば、そんな心配はいらない。

なんと言っても最大手なので、《消滅しない》という安心感が絶大だからだ。

Kindleデバイスを持っていなくても、iPhoneや、iPad、AndroidのKindleアプリで快適に電子書籍を読むことができる。

だから僕は、これまで、Kindleで数百冊以上のコンテンツを購入し、それが、いつでもどこでも、読める状態になっている。

ただ…。

最近は、その購入頻度が減ってきた。

amazon Kindle Unlimitedで《読み流す》パターンが増えてきたからである。

「紙の本」の場合、前述筒井先生の著作のように、愛着のあるものを除けば、手元に残しておきたいものは、そんなに多くない。

電子書籍は、どうせ手元に残らないのだから、「1回読めば十分」という本に関しては、購入する必要を感じなくなってきた。

そういう意味において、amazon Kindle Unlimitedのコンセプトはぴったりだった。

このサービスでは、200万冊以上の対象書籍や雑誌が、いつでも《読み放題》だからである。

「同時に読み放題できる冊数が10冊まで」という制限はあるものの、どんどん読み流していく用途であれば、全く問題はない。

特に、コミックや雑誌とは親和性が高いサービスだ。

僕はコミックを殆ど買ったり読んだりしなかったのだけれど、このサービスに契約して以来、昔ちょっと気になったコミックを流し読みしたりしている。

通常、このKindle Unlimitedは、月額980円。

それでも十分お得だと思っているが、そんな僕にとって、悔しいキャンペーンが始まったw

f:id:ICHIZO:20201001023932j:plain

「Kindle Unlimited 読み放題 今なら3か月99円」キャンペーン

「3ヶ月間読み放題」で99円!

という破格のキャンペーンだ。

通常、このサービスは月額980円なので、3ヶ月利用すると2,940円かかる。

しかしそれが、たった99円(約97%オフ!)で利用できるというのだから、破格すぎる。

現在、Kindleを利用中で「Unlimitedもいいけど、その品揃えが不安で…」と思っている人には、特にオススメ。

たった99円で、たっぷり3ヶ月間、その使い勝手を確かめることができるからだ。

3ヶ月利用後は、月額980円が自動更新されてしまう設定になっているが、心配はいらない。

もしも3ヶ月使ってみて、「自分には合わないな」と思ったら、Kindle Unlimitedの会員登録管理ページで、簡単に自動更新を解除できる。

いったん《読み流し》の快適さを覚えてしまうと、月間980円でも十分安いんじゃないかと僕は思っているので、是非とも、この機会に試してみて欲しい。

このキャンペーンは、amazonプライムデーの終了日である10/14まで。

秋は、読書の秋であるとともに、音楽の秋でもある。

Amazon Music Unlimitedの、「4ヶ月間聴き放題99円キャンペーン」も同時開催中。

これも、Amazon Music Unlimitedを通常契約した僕にとっては、非常に悔しい、そして、めちゃめちゃお得なキャンペーンなので、あわせて注目。


マラソン・ジョギングランキングへ