餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

爆安「Bose QuietComfort 35」がやってきた!…純正ケースも付属!!

スポンサーリンク

amazonサイバーマンデーセールでゲットした…

「超」お買い得品の「Bose QuietComfort 35」が届いた。

これは、特選タイムセールのお買い得品として、今日12/9いっぱいまで販売。

注文時の台数制限もないようだから、いったい何台売れたのだろうと、心配になるレベルだ。

梱包用の箱を開けてみて、僕はちょっとホッとした。

f:id:ICHIZO:20191209044024j:plain

Bose QuietComfort 35 wireless headphones II ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン Amazon Alexa搭載 限定カラー ミッドナイトブルー

ちゃんと、Bose純正の外箱に入った正規商品だったからだ。

当たり前じゃないかと言われるかもしれないが、僕は、少しだけ心配をしていた。

この商品を注文する際…

f:id:ICHIZO:20191209044943j:plain

 「イヤーパッドセット」「ヘッドホンのみ」「ヘッドホンケースセット」という選択肢があったからだ。

タイムセール対象商品である《ミッドナイトブルー》色においては、「ヘッドホンのみ」しか選べなかったから、僕は、迷いようもなく「ヘッドホンのみ」を選択した。

ただ、(安売り対象ではない)シルバー色だと、「ヘッドホンケースセット」を選択でき、それはこういう表示になる。

 f:id:ICHIZO:20191209045344j:plain

 ん…?

となると、「ヘッドホンのみ」というのは、本当に「ヘッドホンのみ」(付属品もケースもなし)で、それだけがシンプルな袋で送られてくるということか?と思ったのだ。

そんなことはあるまい…とも思ったが、あまりにお得すぎるからくりは、そのせいかもしれないと邪推。

爆安になっているのだから、浮いたお金で、別途に純正ケースも買っておこうかなぁ…という思いまで抱いた。

f:id:ICHIZO:20191209045807j:plain

Bose QuietComfort 35 headphones carry case ヘッドホンケース

しかし、このケースは3,300円もする上に、お届けも年末になる可能性があるということで、グッと我慢したのである。

そしてそれが、実は正解だった。

僕が注文したBose QuietComfort 35は、前述の通り、正規の外箱に入って届けられ、それを開くと…。

f:id:ICHIZO:20191209050448j:plain

ちゃんと、純正ケースに収められていたからである。

別途に販売されている純正ケースとは、若干仕様が異なり、色も、ヘッドホン色に合わせて、ミッドナイトブルーになっている。

《ミッドナイトブルー》というから、もう少し濃い「ブルー」をイメージしていたが、僕の想像よりは、ちょっと明るい色だったのが想定外。 

amazonの販売ページでは、もっと黒っぽい色に見えたんだけれどなぁ…。

この辺りは、ちょっと好みが分かれるところかもしれない。

f:id:ICHIZO:20191209051031j:plain

10年前にゲットした、Bose QuietComfort 15ケース(ブラック)との比較。

ケースだけの比較だと、QuietComfort 15の方が高級感があり、好みだが、まぁ、実用的には許容範囲。

とにかく、純正ケースが付属しているので、安心して使い倒すことができそうだ。

このBose QuietComfort 35は、2年前のモデルであるから、レビューなどは今更感があるのだけれど、僕なりの使い方を見つけたら、あらためてご報告させていただきたい。

とにかく、この価格で購入できることは、まずあり得ないと思うだけに、迷っている人は、今回、今日いっぱいが最後のチャンス。

現状は、12/28に入荷予定だが、今後の注文数によっては、年明けになる可能性もあるので、できるだけ早めの注文をオススメしたい。

 「迷ったら買い」が、amazonサイバーマンデーセールの法則だからだ。


マラソン・ジョギングランキングへ