餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

一口サイズに旨味が凝縮!一気に食べると勿体ない、芦屋「壱心」餃子

スポンサーリンク

僕は、無類の餃子好きだけれど、お取り寄せ通販の餃子はあまり食べない。

全国各地に美味しい餃子が多々あることはわかっているけれど、常備している「東亭」の生餃子より美味しいものがそうそうあるとは思えず、かつ、送料もバカ高いからだ。

しかし、無料となれば話は別。一昨年行ったJAL修行の成果で得た*1「JALクーポン」の利用期限が迫っていたので、JALの通販カタログから色々見繕って注文した。

その中のひとつが、これ。

ISSHIN1
送料無料 芦屋 伊東屋謹製 一口餃子 壱心 2折入

芦屋「壱心」の一口餃子だ。

以前からその名前は知っていたけれど、一口餃子自体が、それほど僕の好みではないため、こういったチャンスでもなければ絶対に注文しなかっただろう。

商品は先週届き、賞味期限は6月まで残っていたけれど、折角だからこの週末に食べて見ることにした。

ISSHIN2

原材料、栄養成分など。

餃子1個は、たった18kcalしかない。それもその筈…。

ISSHIN3

そのサイズは、こんなに小さいからだ。

1箱には30個の餃子が入っているが、箱全体と比べて見ても、iPhone5Sの2台+α程度。いやはや小さい。

ISSHIN4

解説の紙には、「冷凍の場合、餃子は個々にくっついてしまっていますので、自然解凍してから餃子を引き離して…」と書かれていたが、その必要はなかった。

餃子は6個×5列で、列と列との間にはくっつき防止用の仕切り紙が入っていたが、縦1列もそれぞれくっついておらず、しっかり独立していたからだ。凄い。

解説では、10個単位での焼き方が書いてあったけれど、サイズ的に、そんなチマチマとした食べ方では欲求不満になること必定なので、1箱をまとめて食べることにした。

熱したフライパンに油を引き、ドバドバと1箱分30個を投入。お湯を入れて2分程度蒸したあと、蓋を取り…すぐに完成。

一口餃子だと、短時間で簡単に焼き上がるため、非常に楽だ。

ISSHIN5

あまり上手くは焼けなかったけれど、適当に作った割には悪くないと思う。

一つ一つの餃子はコンパクトだけれど、流石に30個ともなると壮観だ。こういった一口餃子の場合、餃子同士が完全にくっついてしまい、数個一気に食べざるを得ないこともあるけれど、この餃子は、しっかりと独立して焼けたため、1個をずつ味わって食べることにした。

実食。

想像以上に、皮がしっかりしていた。薄皮ながら、カリカリ感ともちもち感がちゃんとある。具も、肉と野菜のバランスがとれており、かつ、黒胡椒が利いていて、実に味わい深かった。一口餃子ながら、しっかりと旨味が詰め込まれている感じだ。

これならば、30個をまとめて焼いてしまわず、10個単位で味わってもよかったかなぁ…。ちょっと後悔。

1箱の値段は1,000円以上するし、送料もかかるので、お取り寄せしてまで再度買うのはちょっとためらうけれど、販売元である伊東屋のWebサイトを見ると、伊丹空港などで販売しているようだし、他の種類の餃子もあるようだ。

伊丹空港には、年に1回程度は訪れているので、今度行った時には、自分用のお土産に買って帰ってこようかと思う。

*1:この修行には、相当投資しているので、実質的には無料どころではない(汗)


マラソン・ジョギングランキングへ