餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

とっても魅力的だけれど、僕には向いていないような気がするDSC-QX100/QX10

スポンサーリンク

噂は前から流れていた。

しかし、いざ、こうやって正式発表されてみると、やはり驚く。いかにもソニーらしい、革新的な、「レンズだけ(に見える)カメラ」の登場だ。
画像左の「DSC-QX100」は1.0型のExmor R CMOSセンサーやCarl Zeissレンズを搭載して、高級コンデジ並みの性能を誇り、画像右の「DSC-QX10」は、若干性能は落ちるものの、光学10倍ズームに対応した高倍率モデル。
僕は、ギミックを持ったガジェットが大好きなので、リークされていた時点から、気になって色々チェックしていた。
このカメラの大きなポイントは、手持ちのスマートフォンと合体させることで、大画面ファインダーを搭載したデジカメのようになることだろう。

そう。このようなイメージだ。
ただ、スマートフォンとどうやって合体させて、どのようにアプリ連携させるのか、など、写真だけでは今一つその使い勝手がわからなかった。
それで少し戸惑っていたのだけれど、この動画を見たら一瞬で判明。そして、惚れた。

DSC-QX100/QX10 - go smarter. - YouTube:

おぉ、なんとスマートで格好いいじゃないか。
流石はソニー、と言えるプロモーションムービーに仕上がっている。特に、スマートフォンと切り離して使うようなイメージは持っていなかったので、「そういう使い方もできるのか!」と目から鱗だった。
これは欲しい。欲しいなぁ。日本で発売してくれないかなぁ…。と、動画を見た瞬間は思った。
…が、その後2日間冷静に考えてみると、僕には向いてないんじゃないかと思えてきた。
僕は基本的にズボラなので、レンズだけ(のようなもの)を、鞄を替えるたびに移し替えるのが億劫になりそうな気がする。その結果、スマートフォンとともに、ちゃんと帯同できるのかという不安が残る。いざ使おうと思っても、カメラを忘れるなんてことがありそうだ。
いざ、スマートフォンと連動できるとは言っても、いちいち取り付けるのが面倒臭そうな気がしたし、その連動についてもちょっと微妙だった。
このカメラは、NFCに対応するAndroid端末との相性を最優先に考えられており、NFC非対応のiPhone 5ではたぶんちょっと使い勝手が悪いと思うからだ。
そして、あくまでアプリと連動させて使う以上、いざ撮りたいと思った時、そのシャッターチャンスを、うまく生かせることができるかどうかも、ちょっと自信がない。常にiPhoneに装着しておくというのならば話は別だけれど、それだとiPhoneの使い勝手が悪くなりすぎて、非現実的な気がする。
そして。
僕にはGalaxy Cameraがあるというのも、冷静になれた理由だった。カメラとしての性能はDSC-QX100/QX10に劣っていても、僕が使うシチュエーションにおいては無問題。
Androidとの親和性で言えば、当然「一体型」であるGalaxy Cameraの方が高いし、しかも21倍ズーム搭載。スマートさや格好良さはあまりなくて、ごつい端末だけれど、僕は十分気に入っているからだ。
DSC-QX100/QX10が、ガジェットとして大いに魅力的であることは間違いないから、欲しくないかと言えば嘘になる。
しかし、使いこなしきれるか、既存の端末たちと使い分けきれるかと考えると、ズボラな僕にはどうも自信がない。
だから、今回は見送れると思う。たぶん。
Twitter Button twitbuttons.com


マラソン・ジョギングランキングへ