餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

Jawbone UPのスペアを定価でゲット!(後編:UPを求めて…家から往復3時間半のプチトリップ)

スポンサーリンク

(承前)
ということで(?)僕は、なぜか昨日ここにいた。
20130901_up get!1

神奈川県秦野市。峠走のメッカであるヤビツ峠にも近い、神奈川県南西部の街だ。
なぜここにいたかというと、UPをゲットするため。以前、「Jawbone UPがどこにも見つからない」とTwitterなどで呟いた際、「店舗によってはまだ売っているところがある」という情報をいただいたからだ。
Web上では見つからなくても、リアル店舗をこまめに探せば見つかるのか。そう思った僕は、このリストを参考に、家から近い店を中心に在庫状況を電話で確認することにした。
ただ、家の近所や都心部は全滅。ちょっと離れたところでも、希望の色やサイズがなくて断念。そして辿り着いたのが、秦野の店舗だった。
僕の家から秦野までは、電車で1時間半。さらに、駅から店まで徒歩15分かかるので、往復3時間半のプチトリップになった。電車代もバカにならない。
しかし、僕のUPの現況を考えると、あまり猶予はなかったし、往復の交通費を考えても、業者から買うより断然安い。ということで、購入に向かうことにした。
20130901_up get!2

その店は、渓流釣りもできるような川にほど近い、のどかな風景の中に佇んでいた。
20130901_up get!3

ノジマ秦野店。
「思えば遠くへきたもんだ」と思いながら、僕は、逸る気持ちで店の中に飛び込んだ。そして。
20130901_up get!4

あった!
しかも各色各サイズが選び放題。電話で確認して、あらかじめわかっていたことだけれど、こうやって現物を見ると、感動がこみ上げてきた。
市場ではあんなに枯渇しているのに、あるところにはあるんだなぁ…。
僕が今装着しているのは、オニキス(黒)のMサイズで、それのスペアということだから、無難にいくなら同じものだったのだけれど、迷いに迷った挙げ句、僕は、あえて違う色を購入した。
20130901_up get!5
ライトグレーのM。
これはこれで渋くていい色だと思う。基本的にはスペア用だけれど、気分によって使い分けもできそうなので、ワクワクする。
何はともあれ、ゲットできてよかった。これで今後も安心してJawbone UPを使い倒すことができそうだ。
Twitter Button from twitbuttons.com


マラソン・ジョギングランキングへ