餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

ちょっぴり悔しいけど、やっぱり素晴らしかった「いわて北上マラソン」

スポンサーリンク

気球が僕らを出迎えてくれた。
20121007いわて北上マラソン〜気球

昨年には、なかった趣向だ。
今年からコースが一新され、制限時間も6時間に伸びたということもあり、さまざまな点で変化があった。参加者も300人近く増えている。
ただ、そのホスピタリティの素晴らしさは、昨年出場した時と全く変わっていなかった。
20121007いわて北上マラソン〜競技場

スタート、そしてゴールの会場となる北上陸上競技場。
貴重品は自己管理を謳うマラソン大会が多い中、専用の預かり所があるのはありがたい。体育館の中には、しっかりとした更衣室があり*1、荷物も、鍵付きロッカーに収納できる。
20121007いわて北上マラソン〜受付

受付。参加人数が増えたといっても、やっぱりガラガラだった。
20121007いわて北上マラソン〜スペシャルドリンク

スペシャルドリンク受付所。
なんと、ドリンクを置けるポイントが10カ所に増えていた。これは計算外。去年は8カ所だったので、8個しか用意していなかったからだ。急遽ボトルに貼り付けたショッツエナジージェルを外したりして分散させることにした。
去年のエントリーで書いたように、このスペシャルドリンクシステムが素晴らしい。

僕が給水所に近づくたび、100mぐらい手前にいた係員が、「×××番、スペシャルドリンク入ります」と言うようなことを、給水所に向かってスピーカーで叫ぶのだ。そして、それを聞いた給水所の係員が、僕の番号がついたドリンクを探し当て、手渡してくれる!。いやはや、これは感激。
僕のような一般市民ランナーが、このような特別扱いを受けられる経験なんて、滅多にない。もしかしたら、全国で唯一この大会だけかもしれない。これだけでも疲れた身体に力が漲ってくるような気がした。
ストレスフリー&格別の「いわて北上マラソン」だからこそ達成できたPB - 言い捨ての小部屋

参加人数は増えたと言っても、こういったところは全く変わらず、今年も僕はエリート気分で走ることができた。
正直、このシステムだけでも、参加する価値があると思っている。
20121007いわて北上マラソン〜3時間ペースランナー

スタート直前の写真。
陸連登録者ということもあってか、なんと、一番前の方に押し出されてしまった。直前には「3時間ペースランナー」がいるような場所。いやはや、そんなに早くは走れない。
20121007いわて北上マラソン〜尾崎朱美

すぐ近くには、招待選手の尾崎朱美選手もいた。ちょっと感激。
号砲が鳴ると、尾崎朱美選手も、3時間ペースランナーも、あっという間に僕の遙か先に進んでしまった。僕は、北上の心地良い風を受けながら、自分のペースを守って走る。
ただ、気温は、マラソンにしては暖かめで、途中からは暑く感じるほどだった。

…22℃にもなっていたのか。
去年よりも断然暑い。灼熱の北海道マラソンに比べれば、どうってことはない気温なのだけれど、自己ベストを狙っていただけに、これはちょっと痛かった。
タイムは3時間35分。
目標は3時間半(サブ3.5)だっただけに、5分も及ばない。痛恨だ。自己ベストのかすみがうらマラソン(3時間31分)さえも抜けなかった。前半は、サブ3.5ペース*2で走っていたのだけれど、30km過ぎからやや失速。
やはり途中の暑さが応えたような気もするが、スペシャルドリンクに助けられ、体調も万全で臨んでいただけに、ちょっと悔しい。
ただ、それが不満かと言うとそうではなくて、自分の力不足を嘆いただけだ。
大会自体には何の問題もなく、今年も、本当にストレスフリーの素晴らしい大会だった。
20121007いわて北上マラソン〜写真

今年も、プロのカメラマンが撮ったゴール写真を、タダで(!)配布していた。
僕は、ゴール直前のガッツポーズ写真を、バッチリ撮っていただき、非常に感激している。
20121007いわて北上マラソン〜参加おにぎり

おにぎりといものこ汁が貰えるのも、昨年と同様。
さらに今年はパワーアップしていて、なんと、さんまの塩焼きとつみれ汁のサービスもあった。
20121007いわて北上マラソン〜さんま

ただ、さんまはこのように大行列になっていたため、僕は断念。帰りの新幹線の時間が迫っていたからだ。
他出場者のレポートなどを読むと、このさんまが最高に美味しかったらしい。食べられなくて、ちょっと残念。
20121007いわて北上マラソン〜セブン-イレブン

出店スペースで、日頃色々とお世話になっているセブン-イレブンのマークを見かけた。
店員の話によると、全国に23台しかない(岩手県では、現在北上の1台だけ)移動販売車の1台らしい。
車のナンバーが「711」というのが、セブン-イレブンらしいこだわりだなぁと感じ、思わず記念写真を1枚。
20121007いわて北上マラソン〜参加賞
これはそのセブン-イレブンで買ったもの…ではなくて、いわて北上マラソンの参加賞。
去年は「ひとめぼれ」2kgだったのだけれど、今年は、米が1kgとなり、代わりにワカメがついてきた。個人的には、米2kgの方が嬉しかったが、少し帰りの荷物が軽くなったのは助かった。
いずれにしても、何から何まで素晴らしい大会。もちろん来年も参加するつもりだ。
Twitter Button from twitbuttons.com

*1:これが実は重要。簡易テントの更衣室しか用意されていない大会も多々ある。

*2:キロ当たり5分。


マラソン・ジョギングランキングへ