餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

ジャパエモさんに行ってきた!

スポンサーリンク

初訪問。


Simフリーのスマートフォンや海外携帯販売のジャパエモ

BlackBerry Fansiteのコアなユーザーには、お馴染みのショップだ。
担当の@KAZU CAMKAKAさんには、BB系のイベントで何度もご挨拶させていただいているのだけれど、これまでは店舗に行ったことがなかった。
海外のSIMフリー端末を扱うショップは多々あるけれど、「Web専用」のショップだと、利用しにくい場合もある*1
しかし、実店舗で購入できるのならば、直に確認できるので安心感は絶大だ。ということで、「BBユーザーとしては一度行かなければ…」と思いつつ、何も買わずに寄ると云うのも少し抵抗があったので、これまでは躊躇っていた。
しかし、今回は「寄る理由」が出来たので、昨日訪問。

エレベーターを出ると、すぐにBlackBerryの動画が迎えてくれた。感動だ。

入ってすぐには、NOKIAの端末群が並び…。

さらに、目移りするぐらいの海外スマートフォンが多数。

もちろん、僕の注目はBlackBerryだ。

BBに関しては、端末だけでなく、裏蓋やケースなども大量に置いてあった。
前述のKAZU CAMKAKAさんは、お忙しい中、僕のお相手をしてくださり、BBの最新事情などを含め、色々と丁寧に教えていただいた。実機にも沢山触れることが出来てとても嬉しい。
中でも、今回の目玉として教えていただいたのはこれだった。

Blackberry 9220。
廉価なCurveシリーズだけあって、質感はそれほど高くない。しかしそれが軽さに繋がっており、気楽に使えそうな気もする。
画面はQVGAだし、タッチパネルもないが、バッテリが保つ*2というのは、大きな魅力。メールやBBM電話を主体で使うならこれで十分。何しろ…。

こんなボタンまでついているのだ。
実に魅力的な端末なのだけれど、残念ながら、GSM方式のため日本では使えない。こういったタイプの3G端末が出て、しかもdocomoが安価で(端末代金だけじゃなく通信料も含めて)提供してくれれば、大ヒットしそうな気がするんだけれどなぁ…。
この他、さまざまな端末に触れさせていただき、「寄る理由」だった目的も果たして、僕は満足してジャパエモさんを出た。

近くの喫茶店で、ゲットしたブツを傍らに、感慨に耽りながらくつろいでいるところ。
手前の本は、メチャメチャ面白いのでオススメ。有名なネタではあるけど、活字で読むとまた違った面白さがある。
バカリズムって、ほんと才能あるなぁと思った。今回のエントリーには全く関係ないけどw

で、僕が何のためにジャパエモさんに寄ったかと言うと…。(以下、続く。)
Twitter Button from twitbuttons.com

*1:がうがうさんのように、Web専用販売でも素晴らしいショップはあるので、その是非を言っているわけではない。念のため^^;

*2:J-S1タイプなので1450 mAh


マラソン・ジョギングランキングへ