餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

あぁぁ、GARMIN410が…。

スポンサーリンク

壊れてしまったorz

何の前触れもなかった。
昨日の朝ランを終えて、充電をしようと腕から外した瞬間のことだ。突然、バシっという音とともに、GARMINが分断された。僕は一瞬何が起きたのか判らず、外れて飛んでいった部品があるのかと、机の周りを探してみたのだけれど、みつからなかった。
部品が外れたわけではなかった。

折れてしまったのだ。
このベルトは、本体への差し込み式になっているのだけれど、差し込む突起ではなく、別に本体と繋がっている部分が。真ん中から、ぽっきりと。
こうなると、自力での修復は非常に難しい。アロンアルファなどで止めようかとも思ったが、そうすると、いざ止まった時には完全に抜けなくなってしまうので、メンテナンスしようとしたときに困る。
修理に出そうにも、僕の410は輸入版のため、そう簡単にはいかない。日本の業者を通して買ったため、1年間は、その業者による無料保証がついていたのだけれど、僕がこれを買ったのは昨年1月。既に保証期間外となっている。
業者に有償修理を申し込めば何とかなるかもしれないが、いずれにしても、修理には時間がかかるだろう。1週間後にはかすみがうらマラソンが控えている。春の大目標レースだ。このレースをGARMINなしで走るなんて考えられない。
ということで…。

強力なテープで補修してみた。
昨日の午後、花見ランで確かめてみたところ、実用的には問題なく使えた。しかし何とも痛々しいし、そして恥ずかしい。これから暑い時期になると、テープの部分が蒸れたりして、きっと不快に感じる筈だ。いつまでもこんな方法で使い続けるわけにはいかない。
ということで、僕は次の手を考えざるを得なかった。(以下、続く)
【関連】

Twitter Button from twitbuttons.com


マラソン・ジョギングランキングへ