餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

「docomo、来年夏にLTEをひっさげiPhone参入!」情報に思うこと

スポンサーリンク

遂に来た!…のか。

 NTTドコモは米アップルの人気スマートフォンiPhone」とタブレット端末「iPad」の次世代機を日本国内で販売することで、アップルと基本合意した。ドコモはこの合意に基づき、まず来年夏に高速通信規格「LTE」に対応したiPadを日本市場に投入し、秋までにLTE対応のiPhoneを発売する見通しだ。
ドコモ、来年夏にiPhone参入:日経ビジネス

docomoiPhoneは、これまでにも何度も噂はあったけれど、立ち消えになってきた。今度こそ本当だろうか。
記事のタイトルは「夏にiPhone」となっているのに、本文を読むと、夏に投入されるのはiPadで、iPhoneは「秋までに」などと書いてあり、若干のブレを感じる。
アップル側のコメントもないので、100%確実とは言えないと思う。ただ、docomoが意地を張るのを止めて(?)、iPhoneへ舵を取ったとしてもおかしくない理由がある。記事内で言及されている、以下のグラフだ。

この状況を見たら、今や日本の携帯市場が「iPhoneなしで戦えない」ことは歴然。
ソフトバンクが躍進し続けているのはiPhoneあってのことだし、auが息を吹き返したのも、まさにiPhone獲得効果だ。このままでは「docomoひとり負け」状態になってしまう筈で、流石にそれは耐えられないということなのだろう。
今のところ、ソースは日経ビジネスのみだから、それを鵜呑みにするのは危険かもしれない。ただ、記事はかなり断定的に書かれているし、「LTE」対応のくだりは、信憑性がある気がする。
来年夏以降というのは、タイミングが遅すぎるような気がしないでもないけれど、ちょうどその時期は、iPhone5が登場する頃(?)でもある。それにXiが搭載となればインパクトは絶大だ。
夏に出せれば、iPhone4に飛びついたユーザーの2年縛りが解けるタイミングでもあり、悪くない。僕の2年縛りも解けるので、大いに心が揺れている。
Twitter Button from twitbuttons.com


マラソン・ジョギングランキングへ