餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

イー・モバイルへの回帰

スポンサーリンク

(承前)
ランニング効果(?)なのか、最近は新端末への物欲もすっかり薄れてしまっていたので、今年はもう新しい端末を買うことはないかと思っていた。最近は、競馬で散財することもないし、非常に良い傾向だった。
しかし、WiMAXルータ AtermWM3500R突然死により、急場を凌ぐ端末が必要となったため、結果的には買わざるを得なくなった。痛恨だ。
それで、僕が選んだのはこれだった。

約2年ぶりのイー・モバイル回帰だ。
イー・モバイル回線については、かつて、D01NXS11HTEMONSTER)、D01HWと使ってきた経緯があり、そのスピードについては満足していた。しかし、「さらば、黒SIM」の時に書いたように、解約手続きなどの面倒さに辟易。サポート面には大きな疑問を持っていた。
だから、その体質が変わらない限り、再契約することはないかと思っていた。今年2月にWiMAXを選んだ理由も、イー・モバイルを意識的に避けていたという理由が大きい。
しかし、僕が無知だっただけで、とっくに時代は変わっていた。去年から既に、全国のイー・モバイルショップで簡単に解約ができるようになっていたのだ。
まだまだ数は少ないとはいえ、イー・モバイルショップでは困った時に色々相談もできるようだし、契約プロバイダやメーカーなどと電話交渉になってしまうWiMAXより、頼りになりそうな気がした。ならば、あえて避ける理由はなくなった。
ということで、僕が買ったのはこれだ。

Pocket WiFi GP02。
新端末を買った場合、いつもなら簡単に開封レビューなどを行うのだけれど、もはやこれはベストセラー機種であり、今更僕が書かなくても、情報は至る所に溢れている。なので、野暮なレビューは省略させていただくことにした。
端末価格は1円だったし、月々もキャンペーン価格ということで月額3,880円しかかからない。「にねんM」プラン必須の契約なので、途中解約すると莫大な違約金がかかってしまうけれど、今やどんな端末を買っても2年縛りが当たり前になってしまっている*1から、あまり気にしないことにした。
この端末は、ショップによっては、キャッシュバックなども当たり前になっているようだし、オンラインでは更に安いプランもあった。だから、急いで契約した僕は、かなり割高の契約になっている。ただ、もうそれは後悔しても仕方ない。後の祭りだ。
スピード的にも安定しているし、僕の利用範囲ではWiMAXより断然速い印象。端末本体の使い勝手もいい。持ち歩くにはスタミナに少々不安は残るけれど、もしも足りないようなら予備バッテリを準備したり、大容量バッテリに付け替えたりすることも可能。だから、結構気に入っている。
WM3500Rは、解約せずに修理に出すつもりだけれど、蘇生には時間がかかる。ということで、しばらくは、これを使い続けていこうと思う。

Twitter Button from twitbuttons.com

*1:WiMAXは、縛りのないプランがあり、1年縛りプランであっても解約手数料が安く、これは魅力だった。


マラソン・ジョギングランキングへ