餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

「餃子の王将」ぎょうざ倶楽部プレミアムカード、ゲット!

スポンサーリンク

危ないところだった。

今日唐突に、募集締切が11月末までだったことを思い出したのだ。
僕が、スタンプカードに刻んでいたスタンプ数は18個。プレミアムカード入手には2個足りない。11月末まではまだ10日余りあるが、平日はなかなか行けないので、思いついた時に行っておかないと、時間切れになってしまう可能性がある。
ということで、職場からの帰り道、猛烈な風雨が吹き荒れる中、わざわざ途中下車して餃子の王将に立ち寄った。(←バカ過ぎw
募集は8月から開始されていたのに、なぜこんなに時間がかかったのか。日頃から餃子好きを標榜しているくせに、遅すぎるんじゃないか。口の減らない後輩あたりから突っ込まれる前に、言い訳しておこう。
僕の生活圏には、「餃子の王将」がないのだ。自宅の近所や会社の近隣にあれば、ちょっとみんなで立ち寄って、スタンプ20個(1万円分)ぐらいはすぐに貯まるだろう。しかし、少しでも足を伸ばしたり、途中下車の必要があるとなると、やっぱりちょっと面倒くさい。
ということで生餃子の持ち帰りを中心に、チマチマとスタンプを集めていたのだけれど、それがようやく貯まったというわけだ。

念願のプレミアムカード、ゲット!
去年は、あと数個のところまで貯めたものの、その後、スタンプカードを紛失する(!)という事態が発生したため、心が折れて挫折。ということで、2年越しの夢が叶った、という思いだ。
素での引き渡しではなく、しっかりした封筒に収められているというのが嬉しい。

レジで並んでいる時、使っている人を何人も目撃しているため、デザイン的な衝撃はない。けれどやっぱり、端で見るのと、いざ自分が持つのとでは全然違う。

カードを外してみると、お祝いの文言が書いてあった。
平成24年版の会員カードではあるが、入手したその日から割引サービスが適用される。わずか5%の割引ではあるものの、されど5%。常に割引になるというのは嬉しいじゃないか。
かつては、「1年間いつ行っても何回行っても餃子1〜2人前が無料になる!」という、ゴールドカード/プラチナカードというものが存在したようだけれど、今はこのプレミアムカードのみ。

封筒には、1,000円の割引が受けられる「お誕生月利用金券」も入っていた。
この金券は、カードと異なり、入手してすぐは使えず平成24年の「誕生月」のみ有効。ただ、カード受領時に生年月日等のチェックは行われなかったので、要は、自分が誕生日だと思っている日であれば、来年の何月であっても使える(?)という便利な金券だ*1
10,000円分のスタンプを貯めさえすれば、1,000円の割引券がついてくる上に、いつでも5%割引というのは、悪くない特典だと思う。あとは、近所に王将ができることを願うばかりだ。
Twitter Button from twitbuttons.com

*1:もちろん「正確な」誕生月に使うのがルール。でも、僕は忘れっぽいタチなので(←ヲィ


マラソン・ジョギングランキングへ