餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

東京マラソン、当選!

スポンサーリンク


東京マラソン 2012 | 東京がひとつになる日。

夢にまで見た吉報が届いた。
メールSubjectは、例によって『東京マラソン2012抽選結果のお知らせ』。これだけでは当否不明だ。ただ、このパターンには慣れているし、どうせ当たるわけがないと思っていたので、殆ど期待をせずに(しかしほんの僅かながらの夢を抱いて)メールを開いた。
すると…。

===================================================
◇◇ 東京マラソン2012 平成24年2月26日(日)開催 ◇◇
===================================================
《抽選結果(当選)のお知らせ》

                                                                                                            • -

壱蔵(仮名) 様
受付番号:××××
このたびは東京マラソン2012にエントリーいただき、誠にありがとうございました。
定員を超えるお申込みがあり、厳正なる抽選を行いましたところ、当選となりました。

うぉーー。当選だぁーーー!
僕は、その場で声を大にして叫びたくなってしまうぐらい感動した。誰かと肩を組んでスキップしたくなるぐらい嬉しかった。
長いこと生きていると、たまにはこんないい日もある。実に大袈裟だけれど、そこまで思った。
昨年の東京マラソンに外れ、神戸、大阪と外れ続きだったので、もう僕は抽選系のマラソン大会出場は無理なのかと思い始めていた。陸連登録しても、プレミアム先行エントリーでもダメだったので、まだまだ東京マラソンは僕にとって遠い存在なのかとあきらめかけていた。
だから、驚くばかりの大逆転だった。
東京マラソンは、まだ5kmさえも走ったことがなかった一昨年に初めて応募。この時当たったら走り始めようと思っていたのだけれど、落選。ランニングに目覚めた昨年、逸る気持ちで申し込むも、落選。
今年、3度目の応募でついに当選だ。抽選倍率は約9.6倍。毎年10倍近くの競争率となる大会だから、それを考えると、3度目で当選というのは、むしろ運が良い。日頃、クジ運の悪さを呪ってばかりいただけに、望外の嬉しさがこみ上げる。
今年度の都市型マラソン大会抽選と言うことでも、神戸、大阪、と外れたあとだったので、(プレミアムエントリーでの落選を別にすれば)これも3度目のチャンスを生かせたことになる。
「3度目の正直」っていうことわざも、ダテじゃないんだなぁと感じた。
【関連】

Twitter Button from twitbuttons.com


マラソン・ジョギングランキングへ