餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

9780だけで必要十分だったマラソンイベントの相棒

スポンサーリンク

僕は、マラソン大会に出場する時、デジカメを持って行くのが常だった。レース後に振り返る、ブログエントリー用の写真を残しておくためだ。
これまでは、デジカメとBlackBerry Boldで2種類の写真を撮っていたりした。デジカメ写真は、主に前述ブログ用。BBは、Twitterやメールなどへの添付用として。
しかし、今回はそれをする気になれなかった。何よりレースのことを最優先に考えたいのに、いちいち煩わしいような気がしたからだ。
これまでの大会でも、ランニングスタイルに着替えてからは、デジカメは鞄に残しておくのが常だった。走る際の携行品は出来る限り抑えたいというのがその理由。
BBの方は、出走直前やレース後のつぶやき用にウエストポーチに収めている。BBさえあれば、単につぶやくだけでなく、写真も合わせて残すことができる。単体サイズはコンパクトで軽いから、これ1台ぐらいなら、ウエストポーチに残しても苦にならないのだ。
と、ここで僕は気がついた。BBだけでしか残せない瞬間の写真があり、かつ、ある程度綺麗な画像が撮れるならば、結局デジカメなんかいらないじゃんか、と。
僕のメイン端末は、ここ2年以上BlackBerryで変わらないけれど、その機種は変貌している。カメラの性能がイマイチだった9000の時は、ブログエントリー用にデジカメ撮影の併用も必須だと思っていた。
しかし、9000→9700→9780と進化するうち、カメラの性能もめざましく向上。9780ならば、ブログアップ用の写真でも十分耐えられるものになったと思っている。
僕は撮影技術が拙いので、あまり偉そうなことは言えないけれど、デフォルトの設定で撮影しても、それなりに美しい画が撮れる。昨日のエントリーで掲載した会場の情景は、全てBB9780のオート設定で撮影したものだ。遠景は言うまでもなく、近景も綺麗に撮れている。
例えばこれ。

若干補正はしたけれど、それはデジカメで撮っても同じ。僕的には十分、ブログアップに耐えられる画像だと思っているのだけれど、如何だろうか。
9780の写真だけで済むのであれば、Twitterでつぶやきに添付した画像をそのまま流用したりできるし、一石二鳥だ。
ということで、僕的には、今後マラソンイベントの相棒は9780だけで必要十分じゃないかと思った。
これは、カメラ性能が素晴らしく、かつ、コンパクトな9780だから言えること。カメラが弱い9900だと、この用途ではちょっと厳しいのではないかという気がしている。(←というのを、物欲を抑える理由にしている今日この頃w
Twitter Button from twitbuttons.com


マラソン・ジョギングランキングへ