餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

掌いっぱいの快楽(その3)予備バッテリ&チャージャで得る安心

スポンサーリンク

(承前)
毎日持ち歩いているDell Streak。
SIM抜きの運用だから待ち受けはしないのだけれど、Wi-Fiは常にONにしているから、やっぱりバッテリは喰う。Streakのバッテリサイズは、1530mAhで、スマートフォンとしては標準だと思うけれど、その筐体サイズを考えると、ちょっと頼りない。
騙し騙し使っているので、何とかバッテリ切れにならずに済んでいるが、帰宅後の充電を忘れると、翌朝はアウトといった状態になる。これだと何かと不便だ。
ということで、当然というかお約束というか、このセットを入手することにした。

左がDELLの純正バッテリ(電池パック)、右がバッテリチャージャ。
これさえあれば、いつでもバッテリを入れ替えられるし、本体なしでもバッテリの充電ができる。実に心強い。

バッテリは、SoftBankショップで購入。3,780円だった。流石純正だけあって、簡易マニュアルまでついていて安心だ。

バッテリチャージャは、コンセント直挿しタイプ。充電中はピンクに光り、充電が終了すると青くなる。このパターンは、スマホのバッテリチャージャ系ではお馴染みのものだ。
チャージャには、USB出力ポートが1つ付属している。

そのため、こうやってケーブルを繋げば、バッテリとStreak本体の同時充電も可能。
このコンビさえあれば、これからも安心して掌いっぱいの快楽を堪能することができそうだ。嬉しい。
Twitter Button from twitbuttons.com


マラソン・ジョギングランキングへ