餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

賑やかで楽しそうなXperiaファミリーの上陸を待ち侘びる(その2 遅れてやって来る筈のPro)

スポンサーリンク

Mobile World Congress 2011で一挙に発表されたXperiaファミリー。
一昨日のエントリーで、僕は、Xperia PLAYをファミリーの目玉だと書いた。各種紹介記事を読んでも、その印象は強まるばかりだが、個人的に一番惹かれたのは、Xperia PLAYではない。これだ。

Xperia Pro。
同イベントにて発表された、オーソドックスなミドルエンド向け端末「Xperia Neo」に物理Qwertyキーボードをプラスしたような機種で、そのキーボードが最大の特徴となる。
このサイズのスライドキーボード端末は、個人的に、ちょっと食傷気味のところもある。しかし、それでも物理キーボードは便利だと思う。現地で実際に触られた方々のレポートを見ると、キーボードの出来も非常に良いとのことで、ならばやっぱり欲しい。
日本での発売は未定とのことだけれど、「FOMAプラスエリア」と同じ800MHzに対応している上に、展示機にまで日本語フォントが内蔵されているにも関わらず、日本で発売されないわけがない。「未定」と言うよりも、「docomoの正式発表までは言えない」というのが正直なところだと思っている。
世界での発売時期は、Xperiaファミリーとしては一番遅く、第2四半期末以降*1。そのため、docomo春モデルでの登場はあり得ないが、夏モデルならあり得るような気もする。
日本でのアンドロイド端末も出揃っては来ているが、現状はタッチオンリーの機種ばかり*2。ただ、ほどなく、Optimus chat L-04Cや、GALAPAGOS 005SHが登場するし、今後はスライドタイプのQwertyキーボード機種も認知されてくる筈だ。
それだけに、Qwertyアンドロイドの真打ちとなるべく「遅れてやって来る」Proの登場には、大いに期待したい。

Twitter Button from twitbuttons.com

*1:PLAYやneoは3月から。

*2:クラムシェルタイプのIS01、SH-10Bを除く。


マラソン・ジョギングランキングへ